top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

片づけられる人とられない人の違いって?整理収納アドバイザーが徹底解剖!

michill(ミチル)

部屋の乱れは心の乱れ

面白い話を聞いたことがあります。

芸能リポーターの東海林のり子さん。

彼女は事件現場のリポートに行くと、マンションのどの部屋なのかを教えてもらう前に「事件現場はあの部屋ね!」と当ててしまうことがあったそうです。

これは、東海林さんに霊感があってすぐに言い当てた、という話ではありません。

「事件が起こる家は部屋の中だけでなくベランダまで散らかっている。だから今回もベランダに段ボールやゴミが放置されているあの部屋が事件現場ではないか?」という東海林さんのリポーター経験から導き出された法則だったのです。

広告の後にも続きます

まさに、部屋の乱れは心の乱れ。

部屋が乱れてくると心が乱れ、その結果トラブルなどに巻き込まれやすくなるということを指し示しているようですね。

また、順天堂大学医学部教授の小林弘幸さんは著書「整える習慣」の中で部屋の散らかりは自立神経の乱れの原因の一つである、と記しています。

感情と交感神経は密接な関係にあり、探し物のイライラやモノの色から受ける印象は人の感情、そして自律神経にまで大きな影響を及ぼすと著書の中で語っています。

このように部屋の中の環境は人の心や体に大きな影響を及ぼすのです。

片づけ、というのは単なるモノの整理ではなく心や人生を整えるための大切な土台なのです。

キレイな部屋をキープするにはどうしたらいい?

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル