top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新ドラマの視聴率アップを妨害!綾野剛が怯える「スキャンダル爆弾」緊急投下の一触即発

アサ芸プラス

 綾野剛が主演するドラマ「オールドルーキー」が6月26日にスタートし、平均世帯視聴率が11.2%となった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 サッカーに人生をかけてきたプロサッカー選手・新町亮太郎(綾野)が現役引退後、37歳にして「ビクトリー」という現役アスリートの代理人やマネージメントなど裏方の仕事を行う会社で奮闘する姿を描く物語だ。

 初回放送では、横浜流星がサッカー選手・矢崎十志也役でサプライズ出演。

 放送を見た視聴者からは「面白かった!やっぱ綾野剛は演技上手いな~」「ゲストの横浜流星の好演が光りましたね。奥さん役の榮倉奈々さんの演技も自然で可愛いし、次回が楽しみ」などといった感想が寄せられる一方で、なんとも辛辣な意見が。一部を挙げてみると…。

「綾野剛の顔は二度と見たくない。未成年との飲酒疑惑とか説明責任をきちんと果たしてほしい」「綾野はガーシー砲食らってトンズラしたままだからな。ドラマなんて見る気しないわ」「いくら綾野剛の演技がすごくても子供に見せられないです」

広告の後にも続きます

 どうだろう。なんとも激烈ではないか。これには芸能関係者も渋い表情で、

「最近の『日曜劇場』枠の好調ぶりを考えれば、初回で11.2%は大コケの域に入るでしょう。豪華なキャストの割には内容的に物足りなさを感じることも確かですが、伸び悩んだ背景には、綾野が暴露系ユーチューバー・東谷義和氏に、未成年の女性などとのトラブルや肉体関係を暴露された『ガーシー砲』が影響していると思われます。テレビ局スタッフによると、今後の数字いかんでは、短縮される可能性があるとも。状況次第で1、2話削られるかもしれませんね」

 今のところ、スポンサーサイドにクレームなどは入っていないというが、今後、またもや特大のガーシー砲が炸裂する可能性も否定できない。綾野はビクビクしているのではないだろうか。

(ケン高田)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル