top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

あなたはどっち? 40代、50代の肌タイプはほぼ2種類。『化け活。』著者が教えるタイプ別スキンケア

BOOKウォッチ

化け活。(主婦の友社)<amazonで購入>

 「本当に人の顔は十人十色。特に40代以上はさまざまな加齢現象が現れてきて、より対応が複雑になります」――。

 本書『化け活。』(主婦の友社)は、「老け顔」コンプレックスに悩む40代、50代以上の全女性をヘアメイクで救う1冊。著者は、入れ替わりが早いと言われる芸能界で約35年間、ヘアメイク職人として活躍し続ける化け子さん。

 「まぁまぁ、ゆるーい気持ちで見てみて!」。自身もあらゆる加齢現象と戦う化け子さんが「部長」、老け顔をなんとかしたい読者が「部員」という設定で、テンポよくわかりやすく進む。

 BOOKウォッチでは、プロ中のプロである化け子さんのスキンケア&メイクテクをたっぷりお届け(全3回)。1回目は「準備体操 まずは現状把握 今と向き合おう」から、肌について見ていこう。

40代、50代の肌タイプは2つ

 化け子さんの経験上、「40代、50代の肌タイプはほぼ2種類」に分けられるという。1つは、表面上は脂性肌や混合肌に見えるインナードライ肌。もう1つは、キメは整っているけど油分量の少ない乾燥肌。

広告の後にも続きます

 自分の肌の最大限いかすところ、適切に隠すところを認識してから「化け活。」はスタート! まずは自分の肌タイプをチェックしよう。

■40代、50代のための肌タイプCHECK LIST

A項目
□洗顔後何も塗らずに1分放置するとカサカサ
□朝起きたら、顔がカサカサしている
□日中にふと鏡を見ると目元に小ジワができている
□頭皮や耳、首が乾燥しているのを感じることがある
□メイク直しをしても肌がガサガサでのりが悪い
□コンシーラーでしっかりカバーするとカピカピになる

B項目
□洗顔後何も塗らずに1分放置するとTゾーンがテカってくる
□朝起きたとき、おでこや鼻まわりがテカテカしている
□ほおや鼻の毛穴が目立って気になる
□夕方になると顔がどんよりして見える気がする
□ファンデがヨレるなどメイクくずれしやすい
□大人ニキビができることがある

 Aが多ければ乾燥肌タイプ、Bが多ければインナードライ肌タイプ。どちらのタイプにもメリットとデメリットがある。

 乾燥肌タイプは、自分の体から脂が出にくい=肌のバリア機能が低い。遺伝的に乾燥しやすい人もいれば、過剰な洗浄やピーリングで乾燥しやすい状態の人も。

 乾燥肌タイプのメリットは「保湿さえきちんとできれば素肌がキレイ」、デメリットは「そばかす、肝斑が出やすい」など。このタイプは、スキンケアさえしっかりできればとても状態のいい肌。セミマットの質感やカバー力の高いファンデだと乾燥を呼びやすいので、ベースメイクも保湿力を重視して。

 インナードライ肌タイプは、肌の内側の水分不足を補おうと自分の体から脂が出てくる状態。混合肌ともいう。脂っぽい部分と乾燥する部分が見た目に現れない場合も多く、保湿が不十分になりがち。

 インナードライ肌タイプのメリットは「シワが少ない&目立ちにくい」、デメリットは「シミ、くすみ、毛穴が目立つ」など。このタイプは、洗顔をしっかり、保湿は軽くという人が多い。じつはこれ、肌が脂を出そうとするシステムに拍車をかけるのと同じこと。何よりも保湿を大切にして。

日焼け止めはスキンケア直後

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル