top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

窓から顔をのぞかせる顔にやけどを負った少女 南沙良のぼうぜんとした姿も 「この子は邪悪」場面写真

映画スクエア

 9月1日より劇場公開される、企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017」準グランプリの映画化作で、南沙良が主演する「この子は邪悪」から、場面写真が公開された。

 公開された場面写真では、主人公の花(南沙良)が5年ぶりに目を覚ました母・繭子(桜井ユキ)に感じていた違和感を幼なじみの純(大西流星)に打ち明けるシーンのほか、一家が事故に遭う前に乗ったメリーゴーランドでの幸せそうな姿、顔にやけどを負った妹•月(るな)の誕生日会での着飾った司朗(玉木宏)、繭子、月、ぼうぜんとした表情を浮かべる不安げな花、窓から顔をのぞかせる怪しげな月が切り取られている。

 「この子は邪悪」は、恐ろしい出来事へと巻き込まれていく花を主人公とした作品。心理療法室院長・窪司朗の娘である花。かつて花の一家は交通事故に遭い、司朗は足に後遺症が残り、母は植物状態になり、妹は顔に重度のやけどを負った。心に深い傷を抱えていた花のもとに、母の心神喪失の原因を探る高校生・四井純が訪れ、花は純と次第に心を通わせていく。ある日突然、司朗が5年間の植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくるが、花は違和感を覚える。南沙良が主人公の花を演じるほか、大西流星(なにわ男子)、桜井ユキ、玉木宏が出演。本作が長編3作目となる片岡翔が、監督・脚本を務めている。

【作品情報】
この子は邪悪
2022年9月1日(木)より新宿バルト9他にて全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ
© 2022「この子は邪悪」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル