top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

iKON、3年半ぶりのソウル公演!180分超え31曲を熱演

WWSチャンネル

iKON(※提供写真)

iKONのアドレナリンが爆発し、グローバルファンが熱く盛り上がった。180分を超える31曲のステージは、毎瞬間が最高の瞬間だった。

iKONは25日と26日、ソウルのバンイドンオリンピック公園オリンピックホールで開催された「2022 CONCERT [FLASHBACK]」を成功裏に終えた。
6人のメンバーは、全世界のiKONIC(ファンの呼称)と3年半ぶりに再会し、これまでの渇きを完全に解消できるくらい、公演中エネルギーを発散し続けた。

【写真】3年半ぶりのソウル公演を開催してiKON

「KILLING ME」でコンサートのオープニングを飾ったiKONは、「BLING BLING」「SINOSIJAK」で会場の雰囲気を一気に盛り上げた。
続いて最新4thミニアルバム『FLASHBACK』の収録曲「DRAGON」、強烈なサウンドの「AT EASE」のステージをiKONICの前で初披露。iKONだからこそ可能なメガヒット曲メドレーも圧倒的だった。相次いで披露した「RHYTHM TA」「MY TYPE」「LOVE SCENARIO」「DUMB & DUMBER」に起立したファンはマスク越しの合唱で応えた。ここに完璧なバンドサウンドと会場全体を圧倒する映像演出、華やかな特殊効果が加わって観客の快感を最大化した。


スペシャルステージはまさに特別だった。
BOBBYはソロ曲の「HeartBROKEN PlaYBoY」「DeViL」でヒップホップスワッグを見せ、ギターを抱いたJU-NEは叙情的な「深い夜」を歌った。SONGはトロット歌手に変身、今回のコンサートのために準備した曲「キルキパパ」でファンを楽しませた。

iKONと全世界のiKONICの大切な瞬間が映画のようにLEDスクリーンに映され、深い感動の時間が演出された。
ファンのサプライズスローガンイベントは、メンバー全員の目を潤ませた。

広告の後にも続きます


iKONは「僕たちが存在する理由はみなさん。いつもそばで見守ってくださってありがとうございます。ファンのみなさんにとってもっと誇らしいiKONになれるようにしたい」と感動の涙を流した。
iKONはまた「すべての時間が幸せで生きている感じを受けた。赤いコンバットを見ると、宇宙の中にいるような気もした。ファンのみなさんからもらった元気を返すことができて光栄だ。もっと長く、たくさん会いたい」と付け加えた。

iKONの「2022 CONCERT [FLASHBACK]」はオンラインディレイストリーミングサービスを通じて再度、観ることができる。ディレイストリーミングは7月16日(土)午後7時、7月17日(日)午後3時の2回行われ、観覧券は17日(日)午後2時までWeverse Shopで購入可能だ。

なお、ソウル公演を大盛況に終えたiKONは、7月2日(土)・3日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール、7月9日(土)・10日(日)東京・国立代々木競技場第一体育館にて、待望のジャパンツアー【iKON JAPAN TOUR 2022~FLASHBACK~】を開催する。
そして7月13日(水)には、この【iKON JAPAN TOUR 2022~FLASHBACK~】の開催を記念した3年4ヶ月ぶりの日本作品となるNEW ALBUM『FLASHBACK [+ i DECIDE]』をリリース予定。今作は5月3日(火)に本国リリースされ世界18ヶ国のiTunesアルバムランキング1位およびiTunesワールドワイドアルバムチャートで首位を獲得した最新MINI ALBUM『FLASHBACK』をはじめ、『i DECIDE』(20年2月発売MINI ALBUM)、『Why Why Why』(21年3月発売SINGLE)の日本語バージョン11曲に加え、パッケージのみのボーナストラックとして「AT EASE」(韓国オリジナルバージョン)を収録した全12曲。DVD/Blu-rayにはリード曲「BUT YOU」のほか「Dive」・「Why Why Why」のMUSIC VIDEO 3本、さらに『iKON YEAR END LIVE 2019』全23曲・2時間15分のライブ映像をコンパイルした豪華内容となっている。


■商品情報
iKON
JAPAN NEW ALBUM
『FLASHBACK [+ i DECIDE]』
2022.07.13 On Sale

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル