top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ふるさとの味からこだわりの一品まで! 外崎修汰、高橋光成、森友哉が新たにグルメをプロデュース!

週刊ベースボールONLINE


『外崎修汰の中みそラーメン』を持つ外崎[球団提供]

 西武では、7月1日にベルーナドームで開催するソフトバンク戦から、外崎修汰がプロデュースした『外崎修汰の中みそラーメン』(税込1000円)、高橋光成がプロデュースした『高橋光成の生姜焼き丼』(税込1200円)、森友哉がプロデュースした『森友哉の牛ホルモンビビンバ』(税込1200円)を新たに販売する。

 外崎3つ目のプロデュースグルメとなる『外崎修汰の中みそラーメン』は、本人が「地元に帰ったときは必ず食べに行きます!」という青森県弘前市のご当地ラーメンで実際に使用している、赤みそをベースに、にんにくの風味が効いた中みそを使ったスープが特徴。今回はそのスープによく絡む“ちぢれ麺”を採用した。また、「野菜が多いほうが好き」という本人の希望から、4種類の野菜のほか、角切りの豚チャーシュー、のりをトッピング。まさに外崎の“ふるさとの味”が楽しめる一品は、三塁側「西安餃子」にて販売する。

「地元のラーメン屋さんは、帰省したときは必ず立ち寄るお店です。とにかく、みそがおいしいくて、自分の中では1番好きなラーメンです! 弘前まで行かなくてもベルーナドームで僕のふるさとの味が楽しめるのでぜひ食べてみてください!」(外崎)


『高橋光成の生姜焼き丼』を持つ高橋[球団提供]

 高橋2つ目のプロデュースグルメとなる『高橋光成の生姜焼き丼』は、「めちゃめちゃ好きなんです!」と語る本人の熱い希望からプロデュースが決定。オリジナルの生姜だれを効かせ、香ばしく焼き上げた豚ロースと玉ねぎに、本人の「生姜の味は強めが良い」という意見から、ご飯は生姜の千切りを一緒に炊き込んだ“谷中ごはん”、付け合わせには“キャベツの千切り”と“マヨネーズ”という最高のお供を合わせた。香ばしい香りが食欲をそそる自慢の一品は、ベルーナドーム三塁側の「肉丼専門店3連覇」にて販売する。

「とにかく生姜焼きが好きで好きで。お肉と生姜のきいたタレがご飯に良く合うし、タレが絡んだキャベツとマヨネーズも最高ですよね。生姜焼きがあればご飯何杯でもいけちゃいます! シーズン中の今は控えていますが(笑)。僕の一番好きな料理を丼にしていただいたこの1杯を皆さんにも食べていただきたいです」(高橋)


『森友哉の牛ホルモンビビンバ』を持つ森[球団提供]

 森2つ目のプロデュースグルメとなる『森友哉の牛ホルモンビビンバ』は、「他人丼のように牛肉と卵を合わせたものとかどうですか? あと辛いものが好きです!」という本人の提案から開発。「お肉はホルモンに!」という本人のこだわりから牛のショウチョウとマルチョウの2種類を使用し、フルーティーな醤油味噌だれを配合した“オリジナルコチュジャン”で味付け。付け合わせには定番のナムルとキムチ、そして仕上げに半熟卵をトッピングした。森選手のこだわりがつまった絶品の一品は、一塁側「コリアンダイニング韓激」にて販売する。

「出来上がりを見たとき『うまそう!』と思いました。ホルモンは焼肉屋さんに行ったら必ず注文するくらい大好きです。しっかりとした味の丼なので、これから暑くなってきて食欲が落ちてもガッツリかきこめると思います。これでスタミナをつけて、僕たちを応援してください!」(森)

 また、それぞれの商品には、特典として『選手プロデュースグルメ特製選手カード(非売品)』がそれぞれ1枚ずつ付いてくる。上記3商品を含め、ライオンズの選手がプロデュースしたグルメは計29品にのぼる。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル