top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「守りたい未来」へと続くエネルギーの交歓──! ミュージカル『刀剣乱舞』〜真剣乱舞祭2022〜 公演レポート

SPICE

ミュージカル『刀剣乱舞』〜真剣乱舞祭2022〜 舞台写真  (C)NITRO PLUS・EXNOA LLC/ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会



2022年5月より総勢33振りが参加、8箇所全28公演を行ったミュージカル『刀剣乱舞』の大型ライブ公演 『真剣乱舞祭2022』が、6月26日(日)国立代々木競技場 第一体育館にて大千穐楽を迎えた。刀剣男士たちと観客によるアリーナサイズの“祭りのひととき”、心踊るスペシャルな時間をもう一度振り返ってみよう。

まずは出演者からおさらい。全ての公演に出演したのは小狐丸(北園 涼)、今剣(大平峻也)、大和守安定(鳥越裕貴)、和泉守兼定(有澤樟太郎)、堀川国広(阪本奨悟)、蜂須賀虎徹(高橋健介)、 長曽祢虎徹(伊万里 有)、蜻蛉切(spi)、明石国行(仲田博喜)、鶴丸国永(岡宮来夢)、桑名江(福井巴也)、松井江(笹森裕貴)、浦島虎徹(糸川耀士郎)、日向正宗(石橋弘毅)、豊前江(立花裕大)、ソハヤノツルキ(中尾暢樹)、 水心子正秀(小西成弥)、源清麿(佐藤信長)、五月雨江(山﨑晶吾)、村雲江(永田聖一朗)、大包平(松島勇之介、小竜景光(長田光平)、南泉一文字(武本悠佑)、肥前忠広(石川凌雅)。そして福井〜宮城公演には千子村正(太田基裕)、福岡〜東京公演には大典太光世(雷太)が加わり、また会場替わりで大倶利伽羅(牧島 輝)、岩融(佐伯大地)、陸奥守吉行(田村 心)、加州清光(佐藤流司)、山姥切国広(加藤大悟)、巴形薙刀(丘山晴己)、篭手切江(田村升吾)が出演。プラス歴史上の人物として榎本武揚(藤田 玲)、平将門(川隅美慎)が全公演に登場している……と、これだけ見ても既に壮観! 本公演のトライアル公演〜最新作『江水散花雪』までの刀剣男士たちがズラリと揃っている。まさに“祭”のタイトルにふさわしい賑やかさだ。

(C)NITRO PLUS・EXNOA LLC/ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会


(C)NITRO PLUS・EXNOA LLC/ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会


広告の後にも続きます

オープニングは厳かに。正面のメインステージは中央ワイドに大階段をあしらい、屋根には刀剣男士たちの紋を掲げ、社殿にも見えるデザインに。アリーナの中へと延びている花道の先には出島ステージ。そしてそこに忘れ去られたように置かれた一艘の木舟の近くには──物思い顔の水心子正秀が佇んでいる。その場所はおそらく彼岸と此岸のちょうど狭間。“どちらでもない”刹那の場所から時代を思い、世の中を見つめるのは刀剣男士ならではの眼差しなのか……? と、気づけば正面には大きな船を従えた平将門の姿が! 先ほどまでのもやが晴れ、荒々しい波飛沫が上がる。音が生まれる。空気が動く。何かの儀式のような特別な領域が舞台上を支配していく。声が聞こえる。「これは祭りだ! 遊ぼう、今を共に。さあ、遊びの時間の始まりだ」と。

(C)NITRO PLUS・EXNOA LLC/ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会


(C)NITRO PLUS・EXNOA LLC/ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会


そこからは一転、躍動感あふれる祭りの世界へ。「どっこいどっこい」「ソイヤソイヤ」と威勢のいい掛け声と共に、祭り衣裳に身を包んだ刀剣男士が次々に登場。祇園祭、ねぶた祭り、阿波踊り、エイサー、よさこい、ソーランと、日本を代表する祭りの歌と踊りのメドレーがビッグウエーブのように客席を飲み込んでいく。山鉾やこんのすけのねぶたの山車を引いた刀剣男士たちが練り歩けば、心は一気にハレの場へ! 太鼓や扇子、団扇や鳴子などを手にした刀剣男士たちが伝統的な振りを取り入れたダンスで跳ね回ったり、現代風なサウンドアレンジに合わせた祭囃子に合わせおきまりの掛け声を弾ませたりと、威勢良く祭りを盛り上げていく。観客はもちろん手元の“光る棒”で加勢。曲によってメインを務める刀剣男士が次々に入れ替わり声を上げる華やかな様子に、まるで自分自身もどこかの大通りで祭りの行列に参加しているような熱い気持ちが呼び起こされ、ステージ上と客席が笑顔でひとつになっていく。このエネルギーの交歓こそ祭りの醍醐味だ。

(C)NITRO PLUS・EXNOA LLC/ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会


(C)NITRO PLUS・EXNOA LLC/ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル