top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

King Gnu、20,000人が集結した初のFC限定ツアーファイナル・幕張メッセ公演の公式レポートが到着

SPICE

King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITION 撮影=Kosuke Ito


King Gnu初のCLUB GNU会員限定ライブ『King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITION』ツアーファイナル公演が2022年6月26日(日)に行われた。本記事では同公演の公式レポートをお届けする。

King Gnu初のCLUB GNU会員限定ライブ『King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITION』が大阪城ホールと幕張メッセ9・10・11ホールにてそれぞれ2公演ずつ開催され、6月26日(日)にファイナルを迎えた。幕張メッセ公演は各日約20000人が来場し、King Gnu史上最多の動員数を記録し、ツアー全4公演では計約60000人が来場した。

圧巻の景色だった。King Gnu公式モバイルサイト『CLUB GNU』会員限定ライブ『King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITION』で繰り広げられたスキルフルなプレイ&生歌の凄さは、ポップの基準を塗り替え、ライブ・エンタテインメントを進化させた。

この数年、パンデミックによってライブシーンは大きな痛手を食らった。King Gnuもまた、コンサート収容人数に制限が設けられるなど歯がゆさを感じていただろう。しかし、幕張メッセ公演は、そんな思いを吹き飛ばす1日となった。

広告の後にも続きます

King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITION 撮影=Kosuke Ito


King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITION 撮影=Kosuke Ito


King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITION 撮影=Kosuke Ito


青い光と煙に包まれながら2万人に向けられたオープニングは「カメレオン」。静かにたおやかに、美しい旋律を奏でていくメンバー。続いて、まさかの2曲目とは意表を突かれた「Hitman」。煌めくイントロダクションから儚さが放出され、一気にフロアの空気感が変わっていく。

ここで井口理(Vo・Key)が今日はじめてのMC。「“CLUB GNU EDITION”、お越しの皆さんこんにちは! King Gnuです。楽しんでますか? ファンクラブだけで2万人いるということは、すごいことらしいですよ。僕たちと皆さんとで、こんなしあわせな時間があるなんて。今日もよろしくお願いします!」と挨拶しながら「BOY」へ。まさに、心あたたかなポップソングだ。

続いて、勢喜遊(Drs・Sampler)によるカウントからポップにビートが疾走する「Sorrows」をプレイ。怒涛のロックパート「Vinyl」、「F.O.O.L」、「Flash!!!」をアッパーかつエモーショナルにキメていく。でかい会場であればあるほど、胸に響く安定感のある新井和輝(Ba)、そしてアタック感の強い手数の多いプレイが炸裂する勢喜による圧巻のリズム隊が映える。ここで、メンバーが一旦はけて第一部パートが終了。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル