top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ひろゆき氏 時間厳守の有吉に「誰かの機嫌を伺ってる人」と苦言も反論殺到で返り討ち

女性自身

ひろゆき氏 時間厳守の有吉に「誰かの機嫌を伺ってる人」と苦言も反論殺到で返り討ち

《有吉さんがタレントとして凄い人だとしても、誰かの機嫌を伺って自分の人生の時間を切り売りして、時給で働いてる人という枠の中なんですよね。それが好きな人は成果より時間厳守でいいと思います。おいらは時間に縛られないで寝ててもお金が落ちてくる生活の方が好みです》

 

6月24日、こうツイートしたのは“ひろゆき”こと西村博之氏(45)。同日、「Smart FLASH」が配信した「ひろゆき『遅刻しても成果さえ出せればいい』を論破する有吉弘行の“横綱相撲”…生き残るのは遅刻せず結果出す人」の記事を引用して持論を展開し、波紋を呼んでいる。

 

ひろゆき氏は、19日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)にリモート出演。同記事では、番組内で遅刻を肯定するひろゆき氏の発言を取り上げた。

広告の後にも続きます

 

「ひろゆきさんは番組内で、『いまだに遅刻をよくする』と明かしていました。MCの山里亮太さん(45)から『いい加減にしてくださいよ、時間守ってくださいとなったとき、どうやって切り抜けているんですか?』と問われると、『成果さえ出せればいい』と返していました。

 

一方、この記事では競争の激しい市場において、“遅刻をせず結果も出す人が生き残る”と説いています。その例として、多忙ながらも遅刻をしないことで知られる有吉弘行さん(48)が例に挙げられたのです。ネット上では、社会のルールを守る有吉さんの姿勢を支持する声が上がっています」(芸能関係者)

 

「遅刻をしても成果さえ出せばよい」と主張するひろゆき氏は、翌25日にも続けてこうツイートした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル