top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため

Game*Spark

小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため

小島秀夫氏はTwitterにて、用意していた企画がお蔵入りになったというエピソードを語りました。

ツイートによると、小島氏は視聴を中断していたAmazonドラマ「ザ・ボーイズ」の視聴を再開したといいます。同作は欲と名声にまみれ腐敗したスーパーヒーローを倒す「ザ・ボーイズ」の活躍を描くダークな18禁ドラマで、現在シーズン3が配信中です。

視聴を再開したことにあわせ、長い間温めていた企画を本格化させようとしていた際に、「ザ・ボーイズ」のコンセプトが似ているためお蔵入りになったというエピソードを明らかに。企画していた作品は「伝説のヒーロー達と裏で対峙する特殊刑事班のバディ(男女)物」で、主役は『DEATH STRANDING』でクリフ役を務めたマッツ・ミケルセン氏の起用を考えていたとのことです。

設定や仕掛けは異なるとしながらも、残念ながらお蔵入りになってしまったヒーローVS刑事物の作品。プレイしてみたかった!という方も多いのではないでしょうか。


TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル