top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

恋した男性に見られながら…他の俳優とキスシーン演じた若手女優、撮影後にショックを隠せなかった理由

ABEMA TIMES

 6月26日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』act.7が放送され、両想いだと思っていた相手から思わぬ言葉を告げられた女優にスタジオメンバーから同情の声が送られた。

【動画】キスシーン撮影後、恋した男性から告げられた内容(35分30秒頃~)

『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』とは

 同番組は、期待の若手俳優たちが毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーは近藤春菜(ハリセンボン)、あ~ちゃん(Perfume)、福徳秀介(ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。 

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、上大迫祐希(以下:ゆうき/21歳)、小池亮介(以下:りょうすけ/26歳)、白石優愛(以下:ゆあ/20歳)、鈴木志遠(以下:しおん/25歳)、橋下美好(以下:みよし/23歳)、橋本裕太(以下:はっしー/27歳)、松川星(以下:あかり/25歳)、松村陸斗(りくと/23歳)の男女8人。 

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。今シーズンでは、前シーズンとは違って男性メンバーと女性メンバーが別れて共同生活をし、男女が顔を合わせられるのは限られた時間のみ。ただし、オーディション前日にはくじで当たりを引いた男子メンバーが気になる女子の部屋へ訪問する“お忍び稽古”というルールが追加された。また恋愛ドラマの内容は、「おとぎ話」をテーマに原案を募集し、子どもの頃誰もが一度は夢見た「おとぎ話」の世界を現代の恋愛と掛け合わせ、女性にとっての憧れがたっぷり詰まったストーリーとなっている。

ゆうき、しおんから告げられた本音にショック隠せず

広告の後にも続きます

 ドラマ第4話のオーディションは、男子が女性役を、女子が男性役を演じる“男女逆転オーディション”。相手のセリフの意味や感情の変化まで考えてきたかを問うものであり、1組ずつ別室に呼び出され、そこではじめてオーディションの内容が告げられた。

 最後にオーディション会場に呼び出されたのは、ゆうきへ一途に想いを寄せるりょうすけと、ドラマで共にキスシーンを演じたしおんへ想いを寄せるゆうきのペア。難しいオーディション内容に、他のペア同様、苦戦しながらなんとかこなすと思われたが、りょうすけはまるでもともと自分が女性役を演じる側だったかのように、ほぼ台本通りに女性役を演じきり、スタジオからは驚きの声。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル