top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

本拠地に鳴り響いた凄まじい打球音――。大谷翔平の16号に同僚左腕は「毎回『1本欲しい』と伝えている」と告白

THE DIGEST

本拠地に鳴り響いた凄まじい打球音――。大谷翔平の16号に同僚左腕は「毎回『1本欲しい』と伝えている」と告白

 その凄まじい一発にチームメイトも脱帽するしかない。

【動画】快音とともに飛び出した圧巻弾! 大谷翔平の特大16号をチェック

 現地時間6月25日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたシアトル・マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場し、4打数1安打1打点をマーク。3回の第2打席に、21日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦以来、3試合ぶりとなる16号ソロを放った。

 相手先発ローガン・ギルバートの5球目を完璧に捉えると、打球速度118マイル(約189.9キロ)で飛び出したボールは、グングン伸びて右中間スタンドへ。飛距離は、今季最長の462フィート(約140.8メートル)。このところは大谷の調子が上向いており、連続試合安打も「5」に伸ばしている。
 MLB公式サイトによると、先発マウンドに立った同僚の左腕パトリック・サンドバルは、大谷の16号を見逃したと明かしつつ、ダグアウトのトンネルからでも十分な打球音が聞こえたと証言。戻ってきたときにはそのボールが、「すでに観客スタンドの中に入っていた」という。

 その後も、同じユニホームを着用する背番号17に対して、「本当に素晴らしい」と称賛のコメントを列挙。サンドバルが先発した試合で大谷が本塁打を放つのは、チーム内で今季最多の5本だが、これを受けて「毎回『1本欲しい』と伝えているんだ」とも語っている。

 なお、試合はマリナーズが5対3で勝利。エンジェルスは前日に続く2連敗となり、アメリカン・リーグ西地区の4位に後退した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「これ以上にない驚きだ!」大谷翔平が自己最多13K!前日2HR8打点の“二刀流”ぶりに現地メディアは驚愕「非常識だ」

【関連記事】「これがストライクだと思いますか?」大谷翔平に次々と襲い掛かる“不可解ジャッジ”に米メディアが憤慨!「ショーヘイはノーと言う」

【関連記事】大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル