top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

廃棄ロスに待ったをかける「ロスパン」。注文から開封、実食までを詳細レポート

東京バーゲンマニア

「食品ロス」を減らす取り組みが拡大している中、売れ残って廃棄になってしまいそうな「ロスパン」を全国からお取り寄せできる便利な通販サイトがあります。

それが「rebake(リベイク)」です。北海道から沖縄まで、日本全国のパン屋さんからパンをお取り寄せできる通販マーケットで、廃棄になってしまいそうなパンなどを積極的に扱っています

パン廃棄の削減に貢献できるだけでなく、収益の一部は、食品廃棄の問題に取り組んでいる団体に寄付されるというのも魅力です。

そこで今回、パン好きの記者が実際に、「rebake」で「ロスパン」を注文してみました。注文から到着までの流れ、美味しさ等レビューしたいと思います。

量がわかるのはありがたい!

広告の後にも続きます

ロスパン公式サイトより(2022年6月25日現在)

リベイクで販売されている「ロスパン」は、品ぞろえが豊富。バラエティ豊かな詰め合わせはもちろん、ベーグルのみのセットなど、サイトを眺めているだけでも楽しいです。

内容は、参画しているそれぞれのパン屋さんに委ねられています。ただしサイズ表記は共通で、商品ページにはSサイズ(1~2人用)からXLサイズ(5人~)が記載されています。自分にぴったりな量のセットを注文することができますよ。

ロスパンが発生したら発送されるため、着日の指定はできません

リベイクを初めて利用する記者は、リピーター多数という「rebake特急おたのしみ便」を注文してみました。Sサイズ (1~2人用)で価格は2850円。送料は無料でした。

画像は公式サイトから

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル