top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

初の女子大会をKOで締めくくったKANA「K-1王者が世界で一番強いということを証明したい」【K-1】

TOKYO HEADLINE

入場した時からあまり記憶がない。自分の試合のことも覚えていない

 K-1初の女子大会となった「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~RING OF VENUS~」(6月25日、東京・国立代々木競技場 第二体育館)の一夜明け会見が6月26日、都内で行われた。

 メインイベントで行われた「K-1 WORLD GP女子フライ級タイトルマッチ」で見事にKO勝ちを収め大会を締めくくったKANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が「K-1王者が世界で一番強いということを証明したい」と今後の目標を掲げた。

「大会のメインイベントをKOという最高の形で締められたことを自分としてもホッとしている」と緊張から解放されたKANA。「今までで一番プレッシャーがあった試合。本当に決めなければいけないところでしっかり極められたというのは自分の成長にもつながった」と語った。

 しかしその緊張度については「入場した時からあまり記憶がない。いつもはリングに上がるとすっと無の状態に入るんですが、会場に入った瞬間のことは全然覚えてない。自分の試合のことも覚えていない。セコンドの声しか聞こえてなかった。すごいゾーンに入ったというか集中していた」というほど強烈なものだったよう。

 自らの試合の前に「日本vs世界・3対3」では日本が負け越し、同門の菅原美優は「初代女子アトム級王座決定トーナメント」の決勝で敗退。6日前には「THE MATCH 2022」で武尊が敗れるという大きな出来事もあった。

広告の後にも続きます

 KANAは「K-1で一番大きな存在の武尊君が負けてしまったことにショックを受けてエネルギーを奪われたというか。でもそれがあったからこそ、力に全部変えられてというところもある。自分の試合の前に美優ちゃんが負けちゃって、入場する直前、隣で大号泣していたんですが、自分はその場から離れず、美優ちゃんの声を聞いていようと思った。それを全部力に、全部エネルギーに変えた。プレッシャーも前日からかけられました。プレッシャーがあって、アップが終わったくらいから気持ちが悪くて。でもそのおかげで集中できました」と語った。

 対戦相手のスーリ・マンフレディ(フランス/LOOKYAMO TRAINING CAMP)については「めちゃくちゃタフで、1Rで初めて攻撃を効かされた。インターバルで戻った時に自分が2回ダウンを取ったことを忘れていて、自分がダウンを取られたと思っていた。ダウンを取るにつれ、相手の攻撃力が増してきた。最後まで死んでなくて、めちゃくちゃ倒しに来てくれた。それでこういう形で勝てたというところはあります」と振り返った。

代々木第二体育館を女子の大会で満員に

 また「大会全体としてはまだまだ。お金を払ってチケットを買ってきてくれるというのは本当に重要なこと。高いチケットを買って会場にまで来てくれるに値する試合がすべてできていたかといえば多分できていないと思う。でも、やっぱりこれがスタートだと思う。会場を小さくするとかではなく、代々木第二体育館を女子の大会で満員にできるくらい盛り上げていくのが、これからのK-1女子の目標なのかと思う」とK-1女子のリーダーとして厳しい意見も述べた。

 試合後のマイクでアニッサ・メクセンの名前を挙げたことについては「自分が世界トーナメントの前にプーケットに練習に行ったときにメクセンと練習したんですが、スパーでめちゃくちゃボコボコにされた。同じ階級にこんな強い奴がいるんだと思って、そこから最強をリアルに追求しています。同じ階級に自分より最強と思う選手がいるということは自分はまだまだ最強じゃないので、K-1王者としてK-1王者が世界で一番強いということを証明したい」という思いから。そして「K-1女子のスタートは昨日だと思う。ここからK-1の舞台を目指してくる選手が増えてくると思う。自分は現役である以上、その先頭を走っていきたい」と改めて今後の目標を掲げた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル