top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北朝鮮「凶作」リスクで予断を許さない状況に 「コロナ+熱波」ダブルパンチか

J-CASTニュース

コロナ禍の対応に終われる北朝鮮が、今シーズンも食糧難に悩まされる可能性が出てきた。国連世界食糧計画(WFP)が2022年6月21日に公表した報告書によると、21年冬~22年春のシーズンでは積雪や降水量が少なかったため、収穫が減少する見通しだ。

穀物生産量の大半を占め、22年9~10月頃に収穫する「夏作物」は、降雨不足で作付けが遅れている。生育のカギとなる7~9月の降水量は平年並みを見込むが、熱波に見舞われる可能性もあり、予断を許さない状況だ。

9~10月までの需要支えるジャガイモは「北朝鮮の食糧安全保障にとって重要」

北朝鮮の農業には大きく3つのシーズンがある。メインシーズンが4~10月の夏作物。主にトウモロコシとコメが生産され、年間の穀物生産量の9割を占める。冬作物は10月に種をまいて6月に収穫。春作物は、「3月作付、7月収穫」だ。冬、春の作物が穀物生産量全体に占める割合は小さいが、ジャガイモの半分が春先に収穫される。夏作物が収穫される9~10月までの食糧供給を補う意味で、報告書では「北朝鮮の食糧安全保障にとって重要」だとしている。

主要穀物の大半が西部で生産されており、特にコメは、ほとんどが南西部の黄海南道(ファンヘナムド)で生産される。田植えシーズンは4~5月だが、22年の降水量は例年の3分の1程度で、大幅に遅れた。そのため「初期生育段階で不利な状況」だったとみている。

夏の降水量は平年並みでも熱波の可能性

北朝鮮の国営メディアには、4月末から6月中旬にかけて、干ばつ対策に関する記事が頻繁に登場した。報告書によると6月には降雨不足は解消され、カギとなる7~9月の降水量は平年並みの見通し。ただ、気温は平年より高くなるとみられており、

「水需要が増加する上、熱波が発生する可能性がある。いずれも、農作物に悪影響を及ぼす可能性がある」

広告の後にも続きます

と指摘している。

北朝鮮には慢性的に食糧不足のリスクがつきまとう。金正恩総書記は21年6月の朝鮮労働党の集会で「人民の食糧状況が切迫している」と言及。農業への対応を「最優先的に解決すべき戦闘的課題」と位置づけ、危機感をあらわにした。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

TOPICS

ジャンル