top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

歯が欠けた! 放置するとどうなる? 歯科医師に聞いた

オトナンサー


欠けた歯を放置すると、どうなる?

【イラストで分かる】虫歯の進行は5段階! 欠けた歯を放置すると、虫歯が進んでボロボロに

 硬い食べ物をかじったときや、転んで歯を何かにぶつけたときに突然、歯が欠けてしまうことがあります。そうした際、すぐに歯科医院に診てもらうケースが多いと思いますが、中には、「出血しなかったので、欠けたままにしていた」「痛みがなかったから、歯医者さんに行くのを忘れていた」と、欠けた部分をそのまま放置している人もいるようです。

 歯が欠けたまま放置すると、どうなるのでしょうか。幸町歯科口腔外科医院(埼玉県志木市)院長で歯科医師の宮本日出さんに聞きました。

放置すると「虫歯になりやすい状態」に

Q.一般的に、「歯が欠ける」原因や理由として多いのはどういうものですか。

広告の後にも続きます

宮本さん「歯の表面は骨よりも硬い『エナメル質』に覆われており、その硬度は宝石のオパールよりも強く、通常は歯が欠けることはありません。しかし、歯に許容範囲を超える強い力が働いたり、歯の弱い方向(角度)に力がかかったりすると欠けてしまいます。つまり、歯が欠けるほとんどの原因は、歯の弱い方向への『外傷(ぶつけるなど)』と『かみ合わせ(硬い食べ物をかんだなど)』です。それぞれについて説明します」

【外傷】

外傷を受けやすいのは、上の前歯です。前歯を覆っているのは薄い唇だけですが、外傷を受けるときには驚いて唇を開いてしまい、前歯を直接ぶつけることが多いのです。正常なかみ合わせでは、上の前歯が下の前歯より前にあるので、圧倒的に上の前歯が外傷を受けやすいです。また、前歯を差し歯にしていると構造的に根が折れてしまい、歯を抜くしか方法がなくなることもあります。

【かみ合わせ】

かみ合わせの場合、奥歯が欠けることが多いです。氷のような硬いものをかんで、歯の表面の一部が欠けることもありますが、気付かない人も案外多くいます。奥歯は気になっても自分で確認しにくく、特に上の奥歯は見えないので、分からないことが多々あります。しばらくすると欠けた歯の状態に慣れてしまい、気になったことさえも忘れてしまい、結果として放っておく…ということもよくあります。

中には、歯ぎしりが癖になり、かむ力が異常に強くなって、上下の歯をかみしめることで歯が欠けたり、割れたりするケースもあります。かみ合わせなど、歯への負担の蓄積で歯に亀裂(ヒビ)が入っている歯は、表面がもろくなり、欠けやすい状態です。虫歯などの治療を受けた歯も欠けやすく、治療で削った量が大きければ大きいほど、欠けるリスクが高くなります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル