top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

二千年前から外国で高く評価されていた日本。その理由とは?

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、徳永圀典氏の書籍『日本を哲学する――国に徳あり――』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

第一章 日本の原理は大自然の原理に合致する

一節 神の前の無私

神様の御前には「無私」で「心を込める」のが神道の神髄です。

学べば学ぶ程に、知れば知る程に、日本文化の素晴らしさ、物すごさ、奥の深さに感動します。外国人の来日が増加するにつれ、日本文化が世界に滔とう々とうと流れて広まり、「クールジャパン」と評価されているのはご存じの通りです。

本書は文化論ではありませんが、私に言わせれば、それは当たり前のことなのです。日本文化の本質は神道に起因し、原点は神道にあると思っています。

広告の後にも続きます

例えば、伊勢神宮をはじめ神様にご奉納する絵画、彫刻等々に、天下一流の作者でも作品には歴史的に絶対に氏名を入れません。

それに何も感じないのは知性の貧困です。神様の御前には、「無私」であり「心を込める」のみ、これが神道の神髄です。この精神が日本文化の素晴らしさの根底にあります。

それが「日本人の物づくりの原点」なのです。この蓄積が無意識ながら日本人の遺伝的原点であり、二千年の文化の精神的基点と申せましょう。これがある限り日本人は外国には負けないのではないでしょうか。

二千年前から今日に至るまで、日本は諸外国から歴史的に高く評価されています。その例を歴史書からざっと挙げてみましょう。

・『魏志倭人伝』二千年前の中国人の来日感想です。「(日本人は)盗まない、風俗は淫らではない、婦人は焼きもちを焼かない」

・孔子(紀元前五百年前の人)『前漢書』に「東夷とういの天性従順、日本に行きたい」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル