top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大河ドラマで完結しない。さらに前進するための歴史学とは

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、源田京一氏の書籍『彷徨える日本史 今、解き明かす「征韓論」 西郷隆盛は主流かそれとも傍流か』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】日本人の機微に触れる事件の数々…知っておきたい幕末の歴史

第三節 明治維新の前に知っておきたい幕末の歴史

第一項 豊臣秀吉による全国統一の意義

この時代は外観こそ統一された天下様であったが、実態に於いては東北の伊達、北陸の上杉、駿河の今川、中国の毛利、九州の島津等は、豊臣秀吉はもとより織田信長や徳川家康よりも、伝統・格式に於いてとても比較できないほどの士族・氏族としての経歴があり、ことあらば、我が一族こそ天下国家を統一し、朝廷宣下を受け為政者として君臨せんとし、征夷大将軍を目指す適任一族であると密かに確信を持っていた。

その意味に於いて、徳川政権は、北は蝦夷えぞから琉球りゅうきゅうまで支配した政権であり、三代将軍の徳川家光の執政時には、一部に異論も見るが完全に近い全国統一政権であったところがそれまでの将軍家や幕府とは大きく異なる。特に「禁中並武家諸法度」を公布し、武士各藩は当然であるが、朝廷や公家をも支配下においた宣言は学術的にも、それまでの政権とは大きく違うことをしっかりと認識できないと、何故に尊王・討幕という幕末に於ける一五年間の激しい流れと、日本国の地鳴りともいうべき変遷がひたすらに煩寝わずらわしいだけの歴史としてしか読者に伝わらないであろう。

広告の後にも続きます

無礼な物言いではあろうが、殆どの読者が大河ドラマ調の幕末偉人伝で歴史学が満杯になってしまうであろう。それはそれなりに日本の歴史を知るうえに於いて間違いではない。そこは誤解しないようにおかれたい。僭越ながら熟練された読者にも、今一歩の前進を期待して少しハードルを上げて解説していきたい思いである。ご批判のあることは充分承知で一言の言い訳を残しておきたい。

また話をそらせてしまったが、徳川幕府打倒に薩摩藩の志士たちが何故に多数、関与貢献してきたかを知らなければいけない。そこは後の章で薩摩の島津一族は鎌倉幕府開設の源頼朝の御落胤ごらくいんであるという説を、資料を元にして詳細に読者に紹介しよう。

大政奉還・王政復古

大政奉還たいせいほうかんとは江戸時代の末期、徳川将軍家は天皇家を超えて、日本の実質的支配者として長期にわたり、全国統一封建制度のもとに二六四年間君臨してきた。この実権を天皇家に奏上し、翌日勅許された歴史的な政権の節目をいう。この大政大権の授受について日本の歴史学に於いては、確実なる文献の証あかしが確保されていない為、曖昧あいまいな表現でやむなしとする意見もある。然し、現存する史料の範囲で通説を建てないと一般読者には却って混乱することになろう。日本史の彷徨える学識のひとつであると思うから、この点について筆者の認識を説明しておきたい。

徳川家康は慶長五年(一六〇〇年)一〇月二一日、関ケ原に於いて西軍(豊臣・石田三成)に勝利した。慶長八年(一六〇三年)徳川家康は征夷大将軍に任ぜられ、江戸幕府を開く。そして江戸幕府が天皇及び公家に対する関係を確立する為に、元和元年「禁中並公家諸法度」を発布する。ここに、日本国は天皇家という、象徴的な地位の天皇家と実質支配権を持つ徳川家一族という一国二君制ともとれる支配体制になった。

この体制は、日本国以外の通商・外交担当者には理解されないとか、それまでの歴史用語に「幕府」という用語は統制支配上の用語として使われてきた事実は少ない。従って、徳川家康は江戸に於いて征夷大将軍を任ぜられ、「幕府」という実政の場所を朝廷より承認されていたとは断定されないといったような先行学者の一部に異論がある(『近世日本社会と宋学』渡辺浩わたなべひろし東京大学出版会)。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル