top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「なんということだ」大谷翔平から飛び出した“特大16号”に地元記者も感嘆! 190キロ弾はメジャー5年目で自己最速

THE DIGEST

「なんということだ」大谷翔平から飛び出した“特大16号”に地元記者も感嘆! 190キロ弾はメジャー5年目で自己最速

 サムライが放った特大の一発に現地が熱狂に包まれている。

【動画】快音とともに飛び出した圧巻弾! 大谷翔平の特大16号をチェック

 現地時間6月25日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれているシアトル・マリナーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場し、1点ビハインドで迎えた3回2死走者なしの第2打席に16号ソロをマーク。21日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦以来、3試合ぶりの一発となった。

 マリナーズ先発は、試合前まで対戦成績が6打数無安打だった右腕ローガン・ギルバート。この日も、1打席目を見逃し三振に倒れていた大谷だが、3回の第2打席に、ようやく“苦手投手”を克服する。3回2死走者なしで打席に立つと、カウント3ー1から甘く入った直球を捉え、右中間スタンドに弾き返したのだ。
  これを受けた地元紙『Orange County Register』のジェフ・フレッチャー記者は、公式ツイッターを更新し、「飛距離462フィート(約140.8メートル)、打球速度118マイル(約190.0キロ)だった」とデータを速報。続けざまに「なんということだ」と感嘆の声を漏らしている。

 さらに同記者によると、462フィートという飛距離は、過去全109本塁打の中で4番目の数字で、「今季のメジャー15位、エンジェルス2位」の特大弾とのこと。118マイルという打球速度も、メジャー5年目で3番目の数字となり、本塁打に限れば自己最速の記録となったようだ。

 なお、試合は現在6回途中でマリナーズが4対3とリードしている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「これ以上にない驚きだ!」大谷翔平が自己最多13K!前日2HR8打点の“二刀流”ぶりに現地メディアは驚愕「非常識だ」

【関連記事】「これがストライクだと思いますか?」大谷翔平に次々と襲い掛かる“不可解ジャッジ”に米メディアが憤慨!「ショーヘイはノーと言う」

【関連記事】大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル