top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

兄・菅田将暉と別の事務所に所属したワケ 今後売れるために必要なことは

リアルライブ

 俳優の菅田将暉の末弟・菅生新樹(すごうあらき)が20日、自身の公式インスタグラムを開設し、本格的に俳優活動をスタートさせることを報告した。

 菅生は、今年3月に都内の大学を卒業。大学在学中は、アパレルブランドのモデルやCM出演などの活動を行って来た。 

 大学卒業を機に、俳優やモデル業を本格的にスタートさせるため、女優の土屋太鳳の弟で俳優・声優の土屋神葉らが所属する事務所・トランスワールドジャパンに所属することとなった。

 ​>>TOKIO城島、菅田将暉への結婚祝いが物議「台本であってくれ」「本気で引いた」非常識行動連発?<<​​​

 菅生は、《この度、本格的に俳優活動を始めることになりました!》とし、《沢山の方と出逢い、支えられ、環境にも恵まれ、こうして今の自分が居ます。これから日々努力をして成長していきます。楽しみながら感謝を忘れずに一生懸命頑張ります。菅生新樹をこれから宜しくお願い致します》と報告した。

 「菅田は長男で、菅生は三男にあたるが、次男よりも菅生の方が、兄である菅田に似ていると言われていた。兄と同じ事務所に所属するという手もあったはずだが、菅生は自分なりの意地もあったのか、兄とは違う事務所に所属することになったようだ」(テレビ局関係者)

 これまで、多くの兄弟俳優たちが芸能界で活動しているが、その中で兄弟で生き残り、それなりに売れているという〝成功例〟は数少なく、兄か弟のどちらかが売れ、片方は鳴かず飛ばずのケースが大半だ。

 現在でも兄弟そろって俳優として活躍しているのは、永山瑛太と永山絢斗、窪塚洋介と窪塚俊介、松田龍平と松田翔太ら数少ない。
 
 「兄が売れてから弟がデビューするケースが多いが、兄の演技・キャラとしっかり〝差別化〟することが求められる。菅田は俳優に加え歌手として正統派で活躍。ならば、菅生は俳優に加え、関西出身というバックボーンを生かしてバラエティーに活路を求めるなどの戦略が必要。取りあえず、しばらくは話題性があるだけに、それがあるうちに〝波〟に乗りたいところ」(芸能記者)

 菅田は、自分の背中を追いかけて芸能界入りした弟の活躍を願っているはずだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル