top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

本物のセメントでトンネルを作成!こだわり光る信越本線のジオラマ

おたくま経済新聞

 世界をリアルに表現したジオラマ作品は、それが実際の風景か否かを問わず、細かいところまで見入ってしまうもの。特に鉄道模型では、多種多様な素材が山河や海、そして鉄道施設作りに使われています。

 トンネルも、鉄道風景に花を添えてくれる施設の1つ。厚紙やスタイロフォーム、パテなど様々な素材で作られますが、実際のトンネルと同じく、セメントを使ってトンネル内壁を作り上げたモデラーがいます。

【元の記事はこちら】

 飽き性モデラーさんは、小学生の頃から鉄道模型を自作するほどのモデラー。現在は軌間9mmのNゲージを主に、車両にギミックを仕込んでディティールアップして楽しんでいるそうです。

 ジオラマを手がけるようになったのはTwitterを始めてから、とのこと。最初に手持ちの車両が映える機関区をイメージした小品を作ったところ、ジオラマ作りの面白さに目覚め「欲を出して」JR信越本線の新潟県区間、鯨波駅~青海川駅をモチーフにした大型ジオラマ作品を作り始めたのだとか。

広告の後にも続きます

 今回、Twitterとブログにアップした「セメントで作ったトンネル」は、現在制作しているジオラマの一部を構成するもの。新潟県柏崎市、鯨波漁港の裏山を通る鯨波トンネルの青海川駅側ポータル(坑口)がモデルとなっています。

 リアルなものを作るには、実際に現地踏査しての資料集めが重要。現地に行ってトンネル入り口の様子や、周辺の施設などを撮影し、作品作りの参考とします。

 本物のセメントでトンネルを作ってみよう、と思い立ったのは、たまたま訪れた100円ショップで、同行者から「セメントがあるよ」と教えられたことがきっかけ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル