top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

身近なものがピクセルアート化した焼き物に 増田敏也さんのデジタル陶芸

おたくま経済新聞

 まるでゲームの世界に迷い込んだような、ピクセルアート(ドット絵)化した公衆電話やスニーカー。これらは“デジタル陶芸家”増田敏也さんの陶芸作品、つまり「焼き物」なんです。

 丸いものが多いと思われがちな手作りの陶芸と、デジタルなピクセルモチーフ。一見相反するような要素を融合させる作品世界について、増田さんに話をうかがいました。

【元の記事はこちら】

 増田さんは大阪芸術大学で金属工芸を学び、卒業後副手として大学に残っている頃に“デジタル”をモチーフにした作品作りに取り組むようになりました。当初は金属工芸作品として作っていくも、徐々に「このモチーフを金属で作る理由」などがあまり感じられなくなり、迷いが出てきたといいます。

 ちょうどその頃、大学を離れて高校の非常勤講師になるという環境の変化も経験。これを機にモチーフの表現方法を見つめ直したといいます。

広告の後にも続きます

 「何で作品ができていたらより面白くなるのか?などを考えていく上で、デジタルと一番正反対なイメージのある陶芸でできていたらどうだろうか?と思い、陶芸で制作するようになりました」

 また、金属工芸の頃から「デジタル的なビジュアル」を念頭に置き、ワイヤーフレームをイメージした作品を制作していたそうですが、その根元には「ドット絵やピクセル状のビジュアルがイメージにありました」とのこと。

 陶芸に転向後も、ワイヤーフレームをイメージした作品を作っていた増田さんですが、作品制作を通じて陶芸の技術や知識を深め、現在のようなピクセルアート的表現に移行。

 「2003年~2007年くらいまでがワイヤーフレーム、2007年以降が今のスタイルといった感じです」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル