top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“秘密のガールズトーク”も力に チョン・インジは苦戦も単独首位は死守「もう一日、いいプレーができるように」

ゴルフ情報ALBA.NET

“秘密のガールズトーク”も力に チョン・インジは苦戦も単独首位は死守「もう一日、いいプレーができるように」

<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 3日目◇25日◇コングレッショナルCC(米メリーランド州)◇6894ヤード・パー72>

米ツアー通算3勝のうち、メジャーで2勝を挙げている“ハンター”が完全優勝に向け、3打差の単独トップを守った。チョン・インジ(韓国)は、グリーンも硬くなり、ピンも大きく振られた難コンディションで「75」とスコアを落としながらも、前日までの貯金を生かした。


「ちょっとタフな一日だった。16番でダブルボギーを叩いた後、2つのパーを獲ることができた。それを誇りに思う」。スタート前から全身が汗ばむような暑さとの戦いも、その体力を奪っていった。スタートの1番からボギーを叩く幕開けで、15番までに1つスコアを落とす展開。そしてその16番パー5では3打目が木の下に落ち、アンプレヤブルを宣言したことで、ダボにつながってしまった。

初日が「64」、さらに2日目は「69」と快調にトップを守るなかで落とした3日目。スタート時にあった2位との6打差は縮まってしまったが、「あまり簡単すぎると、つまらない気がする。明日も楽しみたいし、その準備も万端よ」と、スリリングな展開は望むところといった様子だ。

「親しい」という間柄のリディア・コ(ニュージーランド)と、先週の大会優勝者で今季はメジャー「シェブロン選手権」も制しているジェニファー・カプチョ(米国)とのラウンドは胸が躍るものになった。

“ガールズトーク”の内容は「うふふ、秘密よ(笑)」と煙に巻いたが、「一緒にプレーできてうれしい。リディアとはゴルフ以外の話題で盛り上がって。ジェニファーはシェブロン選手権で優勝したので、そのプレーを見ることができたのも幸せだったわ」と、2人の存在も支えに最後までプレーした。

優勝すれば2018年の「KEBハナバンク選手権」以来の勝利。そして15年「全米女子オープン」、16年「エビアン選手権」に続くメジャータイトル獲得になる。「ここまでプレーしてきてたくさんのポジティブな思い出がある。どこでも、もう一日、もう一回、いいプレーができるようにしたい。それを続けるだけ」。大舞台での勝ち方をよく知る27歳は、かつての記憶もたどりながら最高の結末を目指す。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル