top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

行為で波打つ篠原涼子のスライムGバスト/2022年上半期「艶女優大賞」ドラマ・CM映画部門

アサ芸Biz

 人気女優の体当たり演技が光った今期のドラマ。最大の注目は、2月14日からNetflixが配信しているオリジナルドラマ「金魚妻」だった─。

 タワーマンションで暮らす妻たちが、様々な事情から不貞愛に溺れる様を描いた同作。ネット配信ならではの〝絶対に地上波では流せない〟過激演出が話題となっている。同作の主演を務めるのは篠原涼子(48)。

 第1話から彼女は、15歳年下の岩田剛典(33)を相手に風呂場で服を着たままディープキス。びしょ濡れの上着越しに胸を揉みしだかれるのだ。

 さらに物語終盤には、ヒモパンを脱がされ、ありのままの姿になって密着。正常スタイルののち、対面座位で激しく突かれ、「アッ、ア〜ンッ、アァ〜ッン」とヨガリ声を上げるシーンまで描かれている。激しく腰を揺らすたびにユッサユッサと波打つ推定Gカップのスライムバストを堪能できるのだ。

広告の後にも続きます

 そんな篠原について「昨年7月に市村正親さんと離婚したばかりで、溜まりに溜まっていたはず。レスだった自らの欲求不満をぶつけているのでは」と指摘するのは、漫談家のユリオカ超特Q氏だ。

 同作では長谷川京子(43)も篠原に負けじとラブシーンを披露。不貞相手を艶めかしく見つめ、マッパでバストを鷲掴みにされながら立ったまま後ろから責められる。駅弁スタイルで下から激しく突き上げられるなど、艶ビデオと見紛うばかりの濃密シーンにチャレンジしている。

 凄艶な大作に仕上がった「金魚妻」についてユリオカ氏が推し量る。

「制約なく多様な世界観を表現できる媒体として、女優さんの中でもNetflixに対する評価が上がっているからでしょう」

 あふれんばかりの色香と演技力を武器に、ドラマ業界でブレイク中なのが松本若菜(38)。「金魚妻」でハードな「寝バック」を見せたほか、初主演作となる「復讐の未亡人」(テレビ東京系・Paraviにて先行配信中)では、「会議室での行為」「ソファでの交わり」など、毎話それぞれ異なる相手と迫真のカラミを繰り広げている。

「美形かつ情熱的な演技が素晴らしい。コメディエンヌ的な才能もあり、今後の活躍が大いに期待できます」(ユリオカ氏)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル