top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本へ原子爆弾を投下する前、アメリカではなにがあったのか?

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、本田幸雄氏の書籍『人類はこうして核兵器を廃絶できる 核廃絶へのシナリオ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】第二次世界大戦下…米英間で結ばれた「ハイドパーク協定」とは

アメリカの原爆開発「マンハッタン計画」

ブッシュの原爆の国連管理提案

ルーズベルトはハイドパーク会談の四日後の一九四四年九月二二日に科学研究開発局局長のバーネバー・ブッシュと一時間半にわたって会談しました。

ブッシュはここで大統領から原爆の使用法について相談を受けたようです。ここでブッシュは、大統領が戦後においても英米による原子力独占を維持する考えであるらしいという印象を強く受けてホワイトハウスを辞しました。

広告の後にも続きます

この会談におけるルーズベルトの言葉の端には、彼がチャーチルの見解にすでに同意していたことが現れていました。

ブッシュは、大統領に会った翌日ただちにジェームズ・コナント(ハーバード大学総長及び国防開発委員会議長)と相談して「この問題(原子力)の国際関係一般に及ぼす影響や戦後処理に関して、大統領の要請がなくても助言すべきである」と考え、一九四四年九月三〇日に陸軍長官スティムソンに二つの覚書を提出しました。

一つには次のように記されていました。

①これは、来年夏までには軍事上きわめて重要な案件となる。

②戦争終結後に科学技術が急速に進歩し、軍事がその他の分野を圧倒する局面が生まれるものと思われる。

③現在、アメリカは一時的に優位な立場を占めているとはいえ、その優位性を失う恐れがあるばかりか、立場が逆転することも考えられる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル