top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山下達郎「ライブは“果たし合い”」ハマ・オカモトと新作『SOFTLY』とツアーへの思いを語りつくす

TOKYO FM+

「上質な音楽を、じっくり味わう。」をテーマにTOKYO FMで放送中の生ワイド番組『THE TRAD』(毎週月曜~木曜15:00~16:50/月・火:稲垣吾郎、吉田明世 水・木:ハマ・オカモト[OKAMOTO‘S]、中川絵美里)。パーソナリティが各音楽ジャンルに秀でたマイスターたちとともに、本質的で流行に左右されない、上質な音楽と趣味の話題をお届けする音楽番組です。

6月22日(水)のTOKYO FMは、山下達郎さんのニューアルバム『SOFTLY』リリースを記念したワンデースペシャルということで、朝の6時から21時までトータル15時間“新旧全曲から厳選してお届け! 山下達郎ソング”をオンエア。この日の『THE TRAD』では「私と達郎さん!」をテーマに、リスナーから募った山下達郎さんにまつわるエピソードメールを発表していきました。

さらに番組内では、山下さんとハマ・オカモトの音楽対談が実現! ニューアルバムのレコーディング秘話やミュージシャン同士ならではのマニアックな話題、ライブに向けた意気込みなどを、前編・後編にわけてたっぷりオンエアしました。ここでは後編の模様をお届けします。

山下達郎さん



◆「YOU」の制作秘話

ハマ:僕(アルバム収録曲の)「YOU」が本当に大好きで。

山下:そうなんだ、面白い人だね(笑)。

ハマ:本当ですか(笑)? イントロの印象的なギターは佐橋(佳幸)さんですか?

山下:そうです。佐橋です。

ハマ:「YOU」はあんなに印象的なギターのテーマみたいなもので始まって、最後の「君の 君の・君の・君の」って(歌詞が)いい意味で狂気というか、最高だなって。

山下:あはは(笑)!

ハマ:めちゃくちゃ好きでした。もちろん楽曲も大好きです。

山下:8ビートをどういう風にやるかってね。あれ、ドラムもピアノもマシーンなんですよ。

ハマ:あ、やっぱりそうなんですか!? マシーンなんだ。

山下:ドラムはマシーンだけど、ドラムのおかずは自分で叩いていますけどね。僕はもともとドラマーなので。ちょっと春くらいからウエスト・コーストの手数の多いやつにしようと思ってね。

ハマ:へぇ! じゃあ基本に敷いているビートは打ち込んであって、フィルとかに関しては達郎さんが叩いていると。

山下:本当に弾いているのはギターとベースだけです。

ハマ:(今回はリリース前のインタビューなので)お会いするにあたって、特別に先に音源を聴かせていただきましたけど、クレジットを拝見していなかったので想像でしかなくて。フィルが生っていうのは面白いですね。

山下:ドラムもキーボードも、それくらい肉薄できるようになってきたんです。ピアノはエンジニアの力量によりますが、音源のほうが本当にいい音をしている。

ハマ:ええ! それもすごい!

山下:そういうような時代になってきましたね。ピアノは録るのが難しいから。あとは楽器のコンディションもあるしね。

ハマ:もちろん好きな曲はいっぱいあるんですけど、「YOU」はぶったまげました。大好きだな。

山下:あれね、ネットにポエムが上がっていて。誰が作ったのかは全然わからないんだけど。画像があって「Your eyes, your nose, your mouth, your weakness」とか羅列してあって。ミルス・ブラザーズの「ドライ・ボーンズ」みたいにね(笑)。

そのポエムの最後が「You」で締められていて、「これはいいな」って思ってね。そういう羅列する歌を作ろうと思って、そこからアイデアをもらったの。

ハマ:ほぉ~! じゃあひょんなことから目にした、誰のものかもわからないポエムを見て……。

山下:(そのポエムは)二度と発見することができなかったんだけどね(笑)。

◆20年以上ぶりとなる盟友との共作

ハマ:「人力飛行機」も素晴らしかったです。ライブで20分くらいやれるんじゃないかなって(笑)。

山下:あれは上原“ユカリ”裕が叩いていて。久しぶりだよね。1998年の曲以来だから、25年ぶり近い。

ハマ:「ドーナツ・ソング」以来なんだ!

山下:それがあまりにもよかったので、それで作ったのが「OPPRESSION BLUES (弾圧のブルース)」。

ハマ:なるほど。「人力飛行機」で久々にユカリさんとやって「やっぱりいいね、面白いね」となって、「OPPRESSION BLUES (弾圧のブルース)」なんですね。

山下:その2曲はアナログテープレコーダーで録って、それをデジタルトランスファーして作っているんです。

◆ライブは「果たし合い」

ハマ:『SOFTLY』は11年ぶりのアルバムですもんね。

山下:そうですね、すみません(笑)。

ハマ:いやいや(笑)! ここ近年はライブにかなり力を入れられていて、達郎さんはキーも変えずに歌い続けているじゃないですか。

山下:なんとか。

ハマ:公演時間が長ければ偉いってわけではないですけれど、公演時間も短くなってないですよね?

山下:そろそろ短くしようと思っていますけど(笑)。

ハマ:ははは(笑)! 本当ですか? でもそのパワーをライブでずっと感じていますから。11年経ったのは久しぶりの感じはしますけれど、その間に出来上がったのが『SOFTLY』というのは力強い。達郎さんは現在ツアー中ですよね?

山下:はい。うまくいっているはずです(笑)。

ハマ:長いスパンで同じ会場に舞い戻ってくるスケジュールでやられています。今までライブでやられてきた曲と新曲たちが織り交ぜられて、そのときにどう聴こえるのかがすごく楽しみです。

山下:もう300曲くらいあるから、何をやるかって考えるだけで頭が痛くなってくるんですよ。

ハマ:本当ですよね。でも「マニアック・ツアー」を組んだりもされているわけですから、もう誰にも文句は言わせないわけじゃないですか。

山下:何をやっても文句を言う人は言うんですよ。客は、やっているやつに似るってね(笑)。

ハマ:ははは(笑)! そこは“やり合い”なんですね。

山下:宇多田ヒカルさんが「あなたにとってライブとは何ですか?」って聞かれて「肝試し」って答えたんですって。「達郎さんはどうですか?」と聞かれたときに「果たし合い」って(答えた)。

ハマ:やっぱり“やり合い”なんだな(笑)。今回は新作をもってしてのツアーなので楽しみです。

山下:3年ぶりなので、あんまり無理せずに、やりやすいものでベタなライブにしようと思っています。

ハマ:一期一会というか、達郎さんが「その1回しか観られない人もいるから、ヒット曲はちゃんとやるんだ」って信念をお持ちなのは、僕は昔から知っています。そういう曲も新曲もやられるでしょうし、ライブアレンジもされる曲もたくさんあるでしょうから、その辺は本当に楽しみです。



ニューアルバム『SOFTLY』はワーナーミュージック・ジャパンより好評発売中!



—————————————————-
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年6月30日(木) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
—————————————————-

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:月~木 15:00~16:50
パーソナリティ:月・火:稲垣吾郎、吉田明世 水・木:ハマ・オカモト[OKAMOTO‘S]、中川絵美里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル