top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鷹・大関が今季2度目の完封で5勝目 防御率はリーグ5位「1.936」に良化

ベースボールキング

鷹・大関が今季2度目の完封で5勝目 防御率はリーグ5位「1.936」に良化

○ ソフトバンク 3 - 0 日本ハム ●
<11回戦・PayPayドーム>

 ソフトバンクの大関友久投手(24)は25日、日本ハム戦に先発し今季2度目となる完封で今季5勝目(3敗)を飾った。

 5月1日・ロッテ戦に完封勝利を上げた際は甲斐拓也とバッテリーを組んでいたものの、この日は同学年の海野隆司と組んで快投。得点圏に走者を背負ったのは2回表の一度だけで、150キロ前後の力強いストレートとフォークのコンビネーションを軸に散発4安打と日本ハム打線を圧倒した。

 無四球でスコアボードにゼロを並べ、9イニング102球と理想的なペース。直近3試合はゲームメイクしながら白星がつかない不運もあったが、この日は3点の援護をひとりで守り抜いた。

 今季は4月10日の西武戦で5回途中5失点(自責点4)という試合もあったものの、先発登板11試合中10試合で3失点以下と安定感抜群。防御率はチーム内トップの「1.94」まで良化し、規定投球回到達者では山本由伸、佐々木朗希らに続くリーグ5位に浮上した。

▼ パ・リーグ防御率ランキング
1.42 山本由伸(オ)
1.51 山岡泰輔(オ)
1.56 佐々木朗希(ロ)
1.935 加藤貴之(日)
1.936 大関友久(ソ)
※6月25日終了時点

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル