top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山田涼介『鋼の錬金術師』実写化は「誠実に、忠実に」

シネマトゥデイ

とにかくカッコいい山田涼介

 山田涼介(Hey! Say! JUMP)が25日、都内で行われた映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』の公開記念舞台あいさつに登壇し、本作への熱い思いを明かした。また、共演者からクレームが飛ぶ一幕もあった。この日は、共演の本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、渡邊圭祐、水石亜飛夢、栗山千明、内野聖陽、曽利文彦監督も来場。仲間由紀恵からはVTRコメントが届けられた。

 本作は、世界中で人気を博している荒川弘の大人気コミックの実写映画『鋼の錬金術師』(2017)の完結編。『復讐者スカー/最後の錬成』の2部作で描く。主人公の国家錬金術師エドワード・エルリック役の山田は、赤いロングジャケット姿で登場。SNSに寄せられた感想が紹介されると、「『鋼の錬金術師に対してすごく誠実だった』という言葉は、演者もそうですし、監督が一番うれしい言葉なんじゃないかな。1をやっているときから、実写化はいろんなリスクを伴うもので、それを背負って座長として立たせてもらっていますし、(スタッフ・キャスト)それぞれがそれぞれの立場で立っているわけですから」と感激した。

 山田は「『誠実に』『忠実に』というのは僕と監督が現場で常に話していた」とも明かすと、撮影中は漫画を見ながら、「このシーンは原作がこうだから、ポーズでは指の角度まで全部そろえよう」などと話し合っていたことも打ち明けた。

『鋼の錬金術師 完結編』キャスト&監督

 山田が企画MCを務め、自分の直してほしいところを尋ねる場面もあり、ディーンは「強いて言えば、僧帽筋ふくらませすぎなんじゃないか?」と指摘。蓮佛は「カメラのセンス」と答えると、山田に撮ってもらったところ、「肩が二倍くらいに肥大している写真があがって来て、どう撮ったらこの仕上がりになるんだろう……」と疑問を呈した。渡邊は、質問を一つ飛ばし「違うんです。こうやって(カンペの2ページ目が開いて)置いてあったから」と釈明する山田に、「言い訳するところ直した方がいいよ」とピシャリ。思いがけない攻撃に、山田は「お前、ちょっと待て。渡邊!」と苦笑を浮かべた。

 一方、「山田さんの何でもこなせるところが嫌です」と訴える本田は、「何ができないんですか?」と逆質問。山田は「できないことの方が多い」と返すと、筋肉をつけるとか、痩せるとかいう「役で与えられるミッションは努力で補うじゃないですか。だからベースとして僕はできないところからスタートして、ちゃんとそこに対してアプローチしているだけ」と説明。山田について「完璧すぎる」と話していた本郷は、「こういう謙虚さも素晴らしい。格好いいんですよ。お笑いのベースもあるし、すごいなと思う」と変わらず羨望のまなざしを送っていた。(錦怜那)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル