top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

古川登志夫『ドラゴンボール超』で野沢雅子とかつてないアフレコ

シネマトゥデイ

レジェンド声優の古川登志夫&野沢雅子

 声優の野沢雅子と古川登志夫が25日、都内で行われた公開中の映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の大ヒット記念舞台あいさつに登壇し、かつてないアフレコの様子を振り返った。

 本作は、鳥山明の大人気コミックを原作にした『ドラゴンボール超』シリーズの劇場版で、スーパーヒーローたちの活躍を描いたアニメーション。孫悟空や孫悟飯、ピッコロたちが、かつて悟空が壊滅させたはずの悪の組織「レッドリボン軍」が作り出した人造人間と闘いを繰り広げる。

 公開から12日間で観客動員数100万人、興行収入12億円を突破。その大ヒットを記念して、悟空、悟飯、悟天のボイスキャストを務める野沢は、ネイルに悟空や四星球などのアートを施して登場。ピッコロ役の古川は「この年になりますと羞恥心ってなくなるんですね」と笑いつつ、「うちに(いろいろな)キャラクターの衣装があるので引っ張り出してまいりました」とピッコロのコスプレ姿を披露。そして、「想像以上に反響があってビックリしました。一番驚いたのは、Twitterをやっているんですけど、公開が発表になったあたりからフォロワー数が爆上がりしました」と喜びの声を上げた。

 二人はアフレコも振り返る。野沢が「(ブース内に)二人だけって初めてかもしれない」と明かすと、古川も「あれだけ長い時間、二人で個室にいたのは初めてかもしれない。至福の時間でした」と敬愛する先輩と二人だけで収録したひと時を思い返す。また、「『ドラゴンボール』という作品が持つ底力、野沢さんの神がかった演技を再認識させられました」と語ると、「演技は全部盗みたいくらい高度なもの。それだけじゃなくて人間力。他人のことをいつも気にかけてくださっている。その背中を見て、僕たちも勉強しなければいかんなと思います」と野沢に対する思いも打ち明けた。

 一方の野沢も「どうセリフを渡しても受けてくださるから、とってもやりやすいんですよ」と古川を称賛。古川は「ただ必死にやるだけです」と謙そんしながらも、「長いことご一緒させていただいておりますので、呼吸やキャッチボールは自然に上手くいくところはありますね」と自信をのぞかせた。

“ピッコロ”カラーに!

広告の後にも続きます

 この日は本作の大ヒットを祝して、全国5都市のランドマークタワー(東京・東京タワー、北海道・札幌テレビ塔、愛知・中部電力 MIRAI TOWER、京都・京都タワー、福岡・福岡タワー)を“ピッコロ”カラーの緑にジャック。各地のライブ映像がスクリーンに映し出されたのち、古川が「魔貫光殺砲ー!!」とピッコロの必殺技を叫ぶと、“ピッコロ”タワーに様変わり。古川がピッコロとして「よかったな、悟飯。おれたちにとって最良の日になったな」と呼びかけると、野沢も「よかったです、ピッコロさん。最高ですね。僕、うれしいです」と悟飯になりきって感激していた。(錦怜那)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル