top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

KERA CROSS第四弾『SLAPSTICKS』テレビ初放送記念、主人公を演じた木村達成にインタビュー

SPICE

木村達成  (撮影:宮田浩史)



ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の傑作戯曲を気鋭の演出家たちが新たな演出で創り上げるKERA CROSSシリーズ第四弾『SLAPSTICKS』が、2022年6月26日(日) 午後6:00よりCS衛星劇場にてテレビ初放送となる。サイレント映画からトーキーへと転換期を迎えるハリウッドを舞台に、史実を交えながら映画製作に情熱を燃やす人々を描いたこの作品で主人公・ビリーを演じたのは木村達成。コメディ初挑戦となった本作で感じた思いをたっぷりと聞いた。

KERA CROSSシリーズ第四弾『SLAPSTICKS』出演者たち



 

■作品を作ることへの情熱の強さには、現代に通ずるものを感じました

ー-公演を終えてみて、『SLAPSTICKS』はどのような作品だったと感じていますか?

喜劇映画を愛する映画人たちの物語で、皆さんの強い思いを感じながらも、同時に、彼らがいなくなっていく過程を看取るような切ない作品でした。コメディと銘打ってはいるものの、あくまで扱っている題材がコメディ映画というだけで、その中で描かれているのは重い人間模様でしたし、決して気持ち的にラクな舞台ではなかったですね。

広告の後にも続きます

ー-映画を愛するあまり常軌を逸した行動にでる奇人たちが多くいる中で、木村さんが演じたビリーは純粋すぎるほどの青年だったように感じます。

確かに舞台ではすごくスマートな役でしたね(笑)。ただ、僕が最初に抱いたイメージは、あんなにもかっこいい人物ではなかったんです。情けなくて不器用で、それでいてちょっとダサい映画好きの青年。そんな彼が映画を作る側の世界に入り、映画を愛し抜いた偉人たちと一緒にいるという印象を持っていました。とはいえ、まわりの個性的なキャラクターたちを際立せるために、ビリ―を真っ白なキャンパスのような存在にしようとは一切思っていなくて。彼らと同じように、映画が好きで好きでたまらないという“奇人感”を出していけたらなと思ってました。

 (撮影:宮田浩史)


ー-稽古前には脚本を書かれたKERAさんから、ほかの共演者と一緒にこの時代のお話や喜劇映画の面白さについてのレクチャーを受けたそうですね。

ええ。でも、KERAさんの脚本を通して、いかにあの時代の人たちが喜劇映画を撮ることに命を削っていたのかとか、今作にも登場するロスコー・アーバックルの事件についても少しは理解していたので、当時作られた実際の喜劇映画を見ても、純粋な気持ちでは笑えなかったです。思わず笑ってしまうことはあっても、すぐにつらさや切なさを感じてしまって。それに、この舞台の初演が1993年で、約30年前に書かれたものなんですね。なのでKERAさん自身も、『あの頃どんな気持ちで書いたのか、実はあんまり覚えていないんだよね』とおっしゃっていて。『だからこそ、僕も今回の舞台を観るのが楽しみなんだ』とお話しされていたのも印象的でした。

 (撮影:宮田浩史)


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル