top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

首里vs中部農林

高校野球ドットコム

チャンスをほぼものにした首里が快勝

<第104回全国高校野球選手権沖縄大会:首里7-0中部農林>◇23日◇1回戦◇コザしんきんスタジアム

 1回、2回と連続して先頭打者が出塁し、犠打で送って全て得点に変えた勝負強さが光った首里が、力のある中部農林を大差で下し2回戦へコマを進めた。

投打に活躍!首里・照喜名倖

 ここ4年間の夏は、初戦敗退か2回戦止まりの首里が古豪復活へ最高のスタートを切った。

 1回裏、首里はトップの大城 佑太が中前へ運び出塁。犠打で送ったのち、松田 桂哉が4番の仕事を果たす右翼への三塁打。続く友利 智博の右前適時打で鮮やかに2点を先制する。さらに首里は2回裏、6番上原 渚碧が右前安打。教科書通りに犠打を決めると、9番・照喜名 倖が右中間を破る適時二塁打で3-0と波に乗った。

 この日の照喜名 倖は投打に好調。初回のピッチングこそ気負いが見られたが、内外野陣から「良い球いってるよ」と背中を押されてからは丁寧な投球で2回以降中部農林打線をノーヒットに抑えた。そして4回の第2打席では、2死から二塁打を放った8番木村 巧翔を置いて初球をたたきライト前へ放つ連続適時打と、投打に魅せた。

広告の後にも続きます

 5回には相手の失策からクリーンアップの3連打とスクイズで加点。11安打を放った首里が、中部農林をコールドで下し2回戦へとコマを進めた。

 中部農林で目についた選手はトップの我那覇 史恩とエース比嘉 琉人。結果は見せられなかったが、我那覇のセンスある動きや比嘉の130キロに迫ろうかという直球は見ていてワクワクさせられた。この日は首里打線の好調さが上回ったものの、点差ほど選手間の力の差は感じられなかった。

(文=當山 雅通)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル