top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

阿部サダヲ・岡田健史 「好きなパン」を聞かれ困惑 映画『死刑にいたる病』トークイベント

フィールドキャスター





6月23日、都内にて映画『死刑にいたる病』トークイベントが実施され、W 主演の阿部サダヲさん、岡田健史さん、そして監督の白石和彌さんが登壇しました。



本作は、櫛木理宇さんの同名小説の実写版。連続殺人で世間を震撼させた犯人・榛村(阿部さん演)から、ひとつの冤罪証明を依頼された、大学生・筧井(岡田さん演)が、真相を解明するために奔走する姿を描く、サイコサスペンスです。



5月6日に全国公開して以来、6週目を迎えた今も堅調な数字をキープ!
週末の興収ランキングも、6週連続でベストテン入りを果たしただなく、興収9億円を突破し、大台も目の前!



この大ヒットを記念して行われた、トークイベント。
公開1ヶ月経つも、この盛況ぶりに「小説の映画版で9億を突破した作品は少ないらしい。すごく光栄」と歓喜。
監督・白石さんは「ホラー映画を観に行く感覚で、この映画を観る方が多いと聞いている。『貞子観に行こうぜ!』という感覚で『阿部サダヲを観に行こうぜ!』ということになっているのでは?」と語り、会場は爆笑。続けて「まあ、でも2人や出てくれた方々の熱演があってのヒットだと思う」と感謝しました。



映画の内容にちなみ「犯人の榛村は人の爪に異常な執着心を持っているが、皆さんも他人の仕草や部位でつい見てしまうところはあるか?」との質問が。



阿部さんは映画の役と同様「今でも人の爪を見てしまう。深爪の人って、結構爪切っているのにまだ切る。『痛いだろうな〜』と感じる』とのこと。



また、阿部さんが劇中パン屋で働いていることから「皆さんが1番好きなパンは?」との質問が。募集した質問の中で、これが一番多かったことを伝えると、阿部さんは「これが一番多いってどういうことですか?」とポツリ。
岡田さんも「パンで苦手なものって少ないのでは?好きなものが多い‥」とコメント。
ちょっぴり困惑した表情を浮かべました。



岡田さんは「小さい頃からクリームパンが好き」と答えると、阿部さんは「惣菜パン」と回答。すると岡田さんが「せこい!(範囲が)広すぎ!」と突っ込み。
阿部さんは「じゃあ白系の固いやつ。固くて白系のチーズが挟まっていて、桃色系のハムが挟まっているやつ。ヴィロンって店あるじゃないですか?あれ」と照れながら修正しました。



映画『死刑にいたる病』は全国公開中!
©︎2022 映画『死刑にいたる病』製作委員会
配給:クロックワークス


TOPICS

ランキング

ジャンル