top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中村倫也が謎の行動‥ 向井理と張り合いか!? ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』舞台挨拶

フィールドキャスター





6月24日都内にて、ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩(きつねせいめいきゅうびがり)』 の舞台挨拶が行われました。



本作は中島かずきさん描き下ろしによる伝奇時代劇。
劇団☆新感線が、ひと味もふた味もスパイスを加え、アクション、歌、ダンス、笑いをふんだんに盛り込んたファンタジー作品として創り上げました。



登壇したのは、主人公の安倍晴明を演じた中村倫也さん、狐霊のタオ役の吉岡里帆さん、陰陽師宗家の跡取り、賀茂利風役の向井 理さんの3名。



5年ぶりに劇団☆新感線の舞台に参加したという中村さんは、劇団の方達に対し「場を与えられ『ふざけて!』となったら誰よりも面白いし、妙に安心感と信頼感があり、全力で甘えられる人たちだった」と感謝しつつ、振り返りました。



見どころについては「一生懸命頑張る狐さん(吉岡さん演)と『私も魂吸い取られたい!』と言う理っちと‥ 観た女子は『私もひどいこと言われたい!あのセクシーボイスでなぶって!』とジョークを交えて向井さんをいじると、「もういいんじゃない!?」と向井さんがポツリ。
二人のやりとりに会場は笑いに包まれた。



中村さんは以降も「歌うにぃにぃが観れますから。歌うにぃにぃに踊るにぃにぃ。叫ぶにぃにぃ。何だ最後‥」と続けるも、戸惑った様子。すると吉岡さんが「笑うにぃにぃでは?」とツッコミ。
会場には、再び笑いが響きました。



ラストはマスコミ向けのフォトセッション。
3人でカメラに向かって手を振るが‥  中村さんだけ何だか怪しい‥
さらに、向井さんに身長で勝ちたいのか、急に背伸びをするなど、謎の行動も!?
一体何が起きたのか‥? 動画を要チェック!


TOPICS

ランキング

ジャンル