top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“サンダル”で舞台挨拶 向井理のスタイルに吉岡里帆が惚れ惚れ?

フィールドキャスター





6月24日都内にて、ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩(きつねせいめいきゅうびがり)』 の舞台挨拶が行われました。



本作は中島かずきさん描き下ろしによる伝奇時代劇。
劇団☆新感線が、ひと味もふた味もスパイスを加え、アクション、歌、ダンス、笑いをふんだんに盛り込んたファンタジー作品として創り上げました。



登壇したのは、主人公の安倍晴明を演じた中村倫也さん、狐霊のタオ役の吉岡里帆さん、陰陽師宗家の跡取り、賀茂利風役の向井 理さんの3名。



吉岡さんは「楽しんでもらえるように、今日はブチかましていきます!」と挨拶。
中村さんは吉岡さんの華やかな衣装に触れ「ブチかましてんなー!」とツッコミました。
向井さんは「上映前にたくさん楽しいポイントとかが話せたらと思う。お越しいただきありがとうございます」と頭を下げました。



数年ぶりに、向井さんと共演したという吉岡さん。
向井さんの印象について「以前と変わらない。まず頭身がすごい。毎回感動する。新鮮な気持ちで‥」とコメント。 すると、中村さんが向井さんの顔に触れ「何か顔にやっているの?力持ちに顔ギュッとか??」と告げると、向井さんは「子供の頃からだし‥ 自分は何も変わってないから何も思ったことない」と困惑しながら説明。
中村さんは続けて「キャプテン翼の世界だよ!頭身のバランス」とイジると会場にはクスクスと笑いが響きました。



再び吉岡さんが向井さんについて「向井さんが役の衣装を着ると本当に美しく、白と銀が合わさったお着物が映える映えるで、神々しいというか、悪役なんだけど美しくて憎めない」と誉めました。 さらに日頃の向井さんの様子について「今回は強烈な役だったけど、普段はめっちゃリラックスがすごい」と明かすと、中村さんが「裸足‥ サンダルですもん?バケーションですか?」と向井さんの足に触れると、再び会場には笑いが響きました。


TOPICS

ランキング

ジャンル