top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロナ禍で爆売れ。「スリムウォーク」ヒット商品の裏側には開発側のリアルな生活があった!?

マイナビウーマン

取材・文:照井絵梨奈/マイナビウーマン編集部 撮影:中納俊/マイナビウーマン編集部

「ただいま~。あ~~疲れた……」

疲れて帰ってきた後、私たちを一番……といっても過言ではないほど助けてくれるアイテム。何だと思いますか? 人によっていろいろあるかと思いますが、今回ピックアップしたいものは、そう、「着圧ソックス」です。

履くだけで脚をすっきりさせてくれる着圧ソックスの中でも、ピップ株式会社の「スリムウォーク」はやはり大定番。そんな「スリムウォーク」が近年大きな進化を遂げていることはご存知でしょうか?

コロナ禍でも販売数を大きく伸ばしている「スリムウォーク」の新商品を開発した熊川 裕美子さんにマイナビウーマン編集部が直撃。そうとうなバリキャリ女性なのかと思いきや……意外な発言が出てきました。

広告の後にも続きます

■「好きな物に携わりたい」という思いから物づくりの世界へ

本日はよろしくお願いいたします! 熊川さんは4年前にピップに転職されたとのことですが、前職ではどんなお仕事をされていたんですか? 化粧品会社で5年ほど商品企画をしていました! そこで物づくりの面白さを経験させてもらいました。 それではキャリアアップのために転職をされたのですか? 実はそうじゃないんです……。結婚をすることになり、相手の勤務地との兼ね合いで大阪の企業を探すことになったんです。でも、物づくりは続けたいと思っていたので、その時に募集が出ていた中から女性の美しさを応援するスリムウォークに思い切って応募してみた……という経緯で入社しました。 なるほど。前職もそうですが、元々女性の美しさをサポートすることに興味があったのですか? 純粋に自分が好きなものに携わりたいなと思ってこの業界に入りました! スリムウォークも元々好きなブランドだったんです。ただ、本当に好きな物を担当できるなんて思っていなかったので、運が良かったです(笑)。

■「ズボラさ」からヒット商品が誕生

スリムウォークで担当された製品がコロナ禍でヒットしていますね! 詳しいお話を教えてください。 コロナは売上の拡大に繋がった大きな要因ではあるのですが、コロナ禍に入る前の2019年秋の段階で弊社の中では反響をいただけていた商品でして、それに「ステイホーム」で後押しされたという形ですね。 元々の需要に時勢が味方したんですね。今までの商品展開とはかなり違う商品だと思うのですが、どのようにして生まれたのでしょう?

スリムウォークは元々、外用のソックスから始まったブランドなのですが、私たちの世代にとっては「家用のレッグケアアイテム」というイメージが強いですよね。ここ10年くらいはそのようなアイテムが市場の大半を占めています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル