top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ギャングスタ」と名づけられたガンのお父さん「この道路は通行止め!」と、妻と子を守るために奮闘する

マランダー



 子供を守るため、愛する妻を守るために、男なら闘わなければならないこともある…。人通りの多い歩道の近くに巣を構えてしまったガンが、通行人や住人さんを威嚇しまくっているそうだ。今日はその映像を見てみよう。

‘Gangsta Goose’ Terrorizes Residents to Protect Babies

 ユタ州デイブレイクにお住いのジョン・カナンさんのお宅の前には、遊歩道を挟んで池がある。ところがある時期から、このあたりに1羽の雄のガンが現れて、道行く人を威嚇するようになったんだ。

 その態度から、このガンはいつしか「ギャングスタ」と呼ばれるようになった。


 ジョギングや散歩をする人が来ると、頭を低くした攻撃ポーズで出迎えるギャングスタ。



 ジョンさんたちが家の外に出ようとするだけでも襲いかかって来るので、外出するときはヘルメットにパラソルという完全装備で出かけるように。

 どうやらギャングスタはパラソルが苦手らしい。この日は自転車で通りかかった女の子を守るために、パラソルでギャングスタを撃退だ。



「攻撃的で危険なガンに注意」という看板まで作っていたジョンさんだが、その苦労も終わる日がやってきた。

 ギャングスタの愛する妻と子供たちが、巣を離れて池にお引越し。ギャングスタとジョンさんの長い闘いの日々にも終止符が打たれることとなった。



 そう、ギャングスタは実は、この近くにある巣を守っていたんだよ。どうやらジョンさんのお宅の真ん前に作っていたらしくて、近づく人すべてを敵認定して攻撃しまくっていたんだね。

 できれば次回はもう少し、人通りの少ない落ち着いた環境で子育てをしてくれることを、きっとジョンさんたちも願っていると思うよ。

written by ruichan

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル