top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「オッサンだけの温泉シーンはやめてくれ」芸人と俳優の旅番組に出現した「高いハードル」の行方

アサ芸プラス

 M-1ファイナリストのお笑いコンビ・ニューヨーク(屋敷裕政、嶋佐和也)は、ぺこぱやかまいたちに続いて、テレビ東京の旅番組レギュラーになれるだろうか。

 6月18日の「土曜スペシャル」で「ニューヨークの入浴旅」が放送され、ファンの間で評価が分かれている。

 これはニューヨークとゲストの小手伸也が静岡県の修善寺や熱海を舞台に、すごろく形式で次々と温泉施設を体験していく企画。サイコロの代わりに射的で進む目を決めるのが、これまでにない要素だった。行き先が運で決まるのではなく、ある程度は狙えるのが新しい。テレビ誌記者は、

「この新たな要素は、視聴者に好意的に受け取られています。射的の場面では多くの笑いが起きていましたし、屋敷や小手が的を外しまくる中で、嶋佐が3の札を確実に落とし、『3の守護神』と呼ばれるキャラクターを生み出していました。見どころいっぱいでしたね」

 こう評価する声があるいっぽうで、番組の根本的な部分を問題視する意見も出ていた。テレビ東京関係者が振り返る。

広告の後にも続きます

「単純に『オッサン3人の温泉シーンを見て、何が楽しいのか』という声があります。確かにその場面は、何ひとつ面白くなかった。せめてゲストを小手ではなく、マドンナ的な女性タレントにすればよかったんですが。ナレーションを担当した安めぐみをゲストにすればいい、という指摘もありましたね」

 ぺこぱは「ローカル鉄道寄り道旅」、かまいたちは「名所名物先取り旅」を成功させ、シリーズ化している。ニューヨークがそれに続くには「オッサンの温泉シーン回避」という高いハードルを乗り越える必要がありそうだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル