top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ストレスやダイエットは厳禁!生理前の“ぽっこりお腹”はどう対処する?

アサジョ

 生理前はホルモンバランスの変化などにより、便秘や“ぽっこりお腹”に悩まされやすくなりますよね。水分を溜め込みやすくもなるため、むくみや体重増加によってストレスを抱えてしまう人もいます。生理後にはスッキリ元に戻りますから、焦らずストレスを溜め込んで暴飲暴食をしないよう、次のように対処しましょう。

■急なダイエットをしない

 お腹周りがサイズアップしたように感じたりむくみや便秘で体重の増加を感じたり、生理前は「太ってしまった!」と焦りやすい時期です。生理周期を記録しておき、生理前の時期であれば急な食事制限は控えて様子をみるようにしましょう。栄養不足に陥ると代謝が下がり、余計に太りやすくなってしまいます。食べ過ぎは防ぐようにしつつ、不調がなければ軽い運動を楽しんで過ごす期間にするとよいでしょう。

■ウエスト周りがゆったりしている服を持っておく

 この時期にウエストがピッタリのボトムスやボディラインがはっきり出るワンピースなどを着用すると、苦しくなったり見た目が気になってストレスを抱えやすくなったりします。そんなときのために、ボディラインが気にならないゆったりした服を持っておき、出社や外出のストレスを軽減させましょう。

広告の後にも続きます

■生理後に体を整えることができるよう準備しておく

 体が重く、だるさを感じることも多い時期ですから、「無理をせずにゆっくり過ごす」と決めておきましょう。運動は体調に応じて軽いものに調節し、睡眠をしっかり取るようにします。生理後、お腹周りがスッキリして体が軽くなってくるタイミングでアクティブに過ごすようにすると、スッキリとしたボディラインに整えやすくなりますよ。

 あれこれ対策を取り入れても効果が実感できず、ストレスを溜め込んで暴飲暴食に走ってしまっては、ぽっこりお腹をさらに成長させてしまいかねません。ストイックにならずにゆったり構え、生理後に向けて体調を整える期間にしてくださいね。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル