top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

EXILE TETSUYA、日本卓球協会 男女HNT「コンディショニングコーチ」に就任

WWSチャンネル

コンディショニングコーチ就任式より(※提供写真)

EXILE TETSUYAが6月23日、都内で公益財団法人日本卓球協会・男女ホープスナショナルチーム(HNT)のコンディショニングコーチ就任式に出席した。

HNTは、2001年に10年後の卓球界を見据えて構成された12才以下のナショナルチーム。U12/U10/U8と細かくカテゴリが分けられており、日本から世界に先駆けて導入された。一期生の水谷隼選手をはじめ、先の東京オリンピックで銅メダルを獲得した張本智和選手ほか、出場選手は全てHNT出身。オリンピアンの登竜門として選手たちが切磋琢磨している。

【写真】日本卓球協会 男女HNT「コンディショニングコーチ」に就任したEXILE TETSUYA

そして日本卓球協会は2018年11月に卓球界で初めてダンスを取り入れたウォーミングアップを一般財団法人KODAMA国際教育財団主催のU-7事業で取り入れ、その後も男女HNT強化合宿にて、TETSUYA考案・監修の『EPI Quality』よりダンストレーニングプログラムを導入。その取り組みが評価され、TETSUYAが今年度より正式にコンディショニングコーチに就任することが決定した。アーティストがこのようなポストに抜擢されるのは初めてのこと。

就任式はまず日本卓球協会専務理事・宮﨑義仁が「小学生以下は大人みたいにストレッチを真面目にできないので、なかなか体が温まらない。そこで『ダンスウォーミングアップ』の提案を受けて、U7 (アンダーセブン)の合宿で試してみたら、子どもたちが楽しく踊って汗びっしょり。本当にいいウォーミングアップになった」とカリキュラムを評価し、TETSUYA起用の経緯を説明。その後、就任状が手渡され、正式にTETSUYAがコンディショニングコーチの座に就いた。

広告の後にも続きます

就任式後は記者との質疑応答も。卓球とダンスについて、TETSUYAは「プロ卓球リーグのTリーグ開幕戦で張本選手が打っている姿を見て、類似性を感じた」とコメント。さらに「ダンスの基本ステップであるアップやダウンのリズムで打っていたり、サイドステップの動きなど、選手によってバリエーションがあることに気づきました。その人に合わせて、どういうダンスの動きを取り入れたら良いかを考えています」と着眼点を示した。

また伊藤美誠選手が持つ1分間にラリー180回のギネス記録(※注1)を音楽的に解釈し、「BPM180(※注2)の音楽を作ったらどんな感じなのかな、と音楽を用意してHNTのウォーミングアップで使いました。そのリズムでジャンプしたり、ステップを踏んでみたり」と話した。さらにそれを超えるBPM185でのトレーニングを指示したところ、次の合宿では参加者がそのテンポでステップを踏んでいたことに驚いたという宮﨑は「これは卓球界以外でも通用する」と確信したという。

BPM185のダンスミュージックとなると、かなりの高速なビートである。これについてTETSUYAも「僕たちでも踊らない速さの音楽なので、初めて作りました。この速さで行うジャンプやステップは僕にとっても初めての経験でした」と挑戦したことを明かした。

またダンスと卓球の上手さが比例するのか、という問いにTETSUYAは「比例するように取り組んでいければと思います。卓球選手で、すごいダンスが上手な人がいたらスカウトしたい気持ちにはなるかもしれません(笑)。海外に行ったら言葉が分からなくても、コミュニケーションになるとも思います」と回答。さらに「ダンスが好きな状態で卓球に打ち込んでいる選手の姿が見れたら素敵だなと思います」と意気込みを述べた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル