top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

JUNNA、デビュー5周年記念ライブが大盛況のうちに終了

WWSチャンネル

JUNNA(※提供写真)

JUNNAのソロデビュー5周年を記念した『JUNNA 5th Anniversary Live』が、デビュー日である6月21日に開催された。ライブでは新曲「曖昧な2人」が初のドラマ主題歌に決定したことが発表され、さらに6月22日発売の「JUNNA 5th Anniversary Photo Book」に収録されている新曲「約束」も初披露された。5年間の軌跡を感じさせる熱いパフォーマンスにオーディエンスも魅了され、まさにスペシャルなライブとなった。

そして、bayfmにて初の冠ラジオ番組『CrosSing You』が7月7日よりスタートすることが発表された。番組タイトルはJUNNA本人が考案。番組を通してさまざまな企画を行ったり、ゲストを迎えたり、あらゆる物 事人に「Cross」しつつ、JUNNAの「Sing(歌)」の部分もたっぷりとあなたに届けたい、という想いから名付けたとのこと。こちらの放送にも期待が高まる。

【写真】デビュー5周年記念ライブを開催したJUNNA

デビュー5周年、アーティストとしてより一層深みと輝きを増すJUNNAには惹きつけられるばかりだ。

2016年4月に放送がスタートしたTVアニメ『マクロスΔ(デルタ)』で、戦術音楽ユニットワルキューレのエースヴォーカル、美雲・ギンヌメールの歌を担当し世界を驚かせたJUNNAは、その翌年の2017年6月21日に1stミニアルバム『Vai! Ya! Vai!』でソロデビューを果たす。そのデビューから5年。デビュー日と同じ6月21日に、『JUNNA 5th Anniversary Live』が開催された。

広告の後にも続きます

満杯となったEX THEATER ROPPONGIに、クールなベースリフが響き渡る。そこに「5周年ライブ一緒に楽しんでいきましょう!」と叫びながらJUNNAが登場!デビュー曲「Vai! Ya! Vai!」を激唱。続けて、いきなりの「LOVE! THUNDER GLOW」(ワルキューレ )を歌い、ファンを驚かせる。門脇大輔のヴァイオリンと渋い八橋義幸のギターソロなど、バンドの力強い演奏も会場を湧かせていた。

MCで「5年経った実感があまりないんです。すごく短い期間だったと感じています」と素直な5周年への思いを語ると、梶浦由記プロデュースの「海と真珠」「太陽の航路」を2曲続けて披露。感動的な歌声を届けていく。

この日のライブは、最近の彼女のライブとは少し異なるセットリストで、デビューからの5年の軌跡を感じさせるものだった。「LOVE! THUNDER GLOW」(ワルキューレ)も彼女の初期のライブで歌っていた曲だが、「Be Your Idol」も久しぶりに歌うナンバーだ。ステージで軽やかにステップを踏みながら笑顔で歌うと、次の「情熱モラトリアム」まで、観客とクラップをしながら楽しい時間を共有する。

JUNNAが黒いアコギを手にし、バンマスでありキーボーディストの島田昌典によってリアレンジされた「わたしだけの地図〜Shooting Star〜」をアコースティック編成でしっとりと聴かせる。ハンドマイクで歌った「GIRAFFE BLUES」(ワルキューレ)では、魂のこもった歌声に、観客も聴き入っていた。

ジャケットを脱いでのライブ後半戦はメドレーから。「Catch Me」ではタオルを振り回しながら、圧巻のパフォーマンス見せつけ、これも初期のナンバーである「やってられないよ」「もうヤダ!」とつなぎ、そのまま「いけないボーダーライン」(ワルキューレ)を歌って畳み掛ける。ミラーボールで会場をキラキラに輝かせた中で歌った「世界を蹴飛ばせ!」では、ステージ上にカメラを入れて、カメラに向かって歌うパフォーマンス!これは無観客生配信ライブ『JUNNA ROCK YOU STREAMING LIVE 2021 ~20×20~』の一幕を彷彿させたが、彼女の5年の歩みを感じさせる演出だった。そして最新曲「風の音さえ聞こえない」で盛り上がりが最高潮に達すると、本編ラストは新曲「You + Me = ?」で締めくくる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル