top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

横山だいすけ、歌のお兄さんを卒業後も「歌が好きで、子どもが好きだという思いは一生変わらない」【インタビュー】

もっとエンタメ

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の第11代目歌のお兄さんを2017年まで務め、絶大な人気を誇った横山だいすけ。歌のお兄さんを卒業後は、数々のテレビ番組やミュージカルを中心に幅広い活動を続けている。7月25日から上演される、ミュージカル「BE MORE CHILL」では、スクイップ役で出演。15年にアメリカ・ニュージャージー州で誕生して以降、SNS上で大きな話題となり、19年のオンブロードウェー上演でも高い評価を得た日本初上陸のミュージカルで、擬人化されたスーパーコンピューター入りの錠剤役に挑む。横山に、出演への思いや、歌のお兄さんを卒業してからの期間を振り返ってもらった。

-アジア初の日本キャストでの上演となりますが、現在の心境は?

 こんなにもエネルギッシュで楽しいミュージカルはなかなかないと思ったので、すぐに出演してみたいという気持ちになりました。その一員になれたという喜びが大きかったのですが、どんな役柄かとか、どういう歌があってとかを細かく知れば知るほど、大変な役を授かってしまったなという気持ちになっています(笑)。

-本作の印象は?

 スクイップのナンバーが「BE MORE CHILL」というタイトルナンバーで、つい口ずさみたくなってしまうほどキャッチーなので、見終わった後、帰り道で口ずさんでしまうようなインパクトを届けたいです。一気に人気が出た作品というのは、そういうキャッチーさというのが観客に響いたと思うんです。衣装や、セットもすごくインパクトがあって、ギラギラしていて、それは若者が持つエネルギーというものがそこにギュッと凝縮しているようなイメージを感じました。

-錠剤を擬人化した役というのも面白い役柄です。

 「だいすけさん、今回の役どころは錠剤役です」と言われて、「錠剤役ね…はい?」となりました(笑)。役柄もディープで、だけど憧れがあって、ちょっと怪しいけど一度は試してみたいなと誰しもが思う錠剤だと思うので、ちょっと危険なにおいもするけれども、自分の願望を全てかなえてくれるような役をどう表現していけるかというのは楽しみです。

-横山…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル