top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

10代目ピーター・パン吉柳咲良がラストフライングへ! ブロードウェイミュージカル『ピーター・パン』製作発表レポート

SPICE

(左から)田野優花、岡部麟、吉柳咲良、小西遼生、壮一帆、森新太郎



2022年夏、ブロードウェイミュージカル『ピーター・パン』が東京・大阪で上演される。

本作は1981年の日本初演以来、子どもから大人まで多くの人々を魅了し続けてきた名作ミュージカル。2021年には、潤色・訳詞をフジノサツコ、演出を森新太郎が手掛けた新演出版が誕生した。続く2022年版では再び森が演出を務め、新演出版がさらにパワーアップして帰ってくるという。

開幕まで残すところあと1ヶ月という2022年6月23日(木)、都内にて製作発表が行われた。その模様を写真と共にレポートする。

冒頭で司会の軽部真一が作品紹介をすると、本公演の主催者を代表してホリプログループ会長の堀義貴から挨拶があった。

広告の後にも続きます

軽妙な語り口で製作発表を盛り上げていた軽部さん


ホリプログループ会長 堀義貴

今年、42年目の『ピーター・パン』が帰ってまいります。『ピーター・パン』は毎年夏の恒例ではありますが、ホリプロにとっても初めて本格的に舞台製作をするきっかけになった作品でもあり、これまで脈々と続いてきた演劇製作の原点であり、魂である作品です。歴代のピーター・パンもそうであったように、今年をもってピーター・パン役の吉柳咲良がラストになります。大人になって卒業しなければいけないということは悲しい面もありますけれど、それだけ巣立っていくタイミングであるとも思います。咲良のラストのピーター・パンをぜひ目に焼き付けていただければなと思います。

一昨年より、新たに森新太郎さんに演出をお願いしました。一番最初の榊原郁恵の『ピーター・パン』に非常に近く、原点に立ち返って、さらに現代を加味した非常に深い演出になっています。コロナ禍でみなさん苦労された中で、一時でもネバーランドに旅立てる経験をぜひ楽しんでいただければなと思っています。

ホリプログループ会長 堀義貴


堀が挨拶を終えると、ピーター・パン役の吉柳咲良とウェンディ役の岡部麟(AKB48)による歌唱披露が行われた。この日披露されたのは、劇中のナンバー「ネバーランド」と「飛んでる」の2曲のメドレーだ。

(左から)吉柳咲良、岡部麟


『ネバーランド』ではピーターがウェンディに歌いかけ、宝物と冒険がいっぱいのネバーランドの魅力を伝える様子が活き活きと表現されていた。続く『飛んでる』では、吉柳は今にも空に飛び立ちそうな勢いのある歌声を伸びやかに響かせる。ステージ上を所狭しと右へ左へと駆け回る岡部のウェンディも実に愛らしい。いよいよピーター・パンに会える夏がくるということが実感できる、心躍るパフォーマンスだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル