top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

THE DIGEST

大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平がまた新たな歴史を刻んだ。

 現地時間6月22日、本拠地で行なわれたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・DH兼投手」で先発出場した大谷は、8回(108球)、2安打無失点、キャリア最多の13奪三振をマーク。チームを勝利に導くとともに自身の6勝目を挙げた。その前日には同カードで2本の3ランホームランを含む4打数3安打8打点と大活躍。2日間に渡り、メディアやファンが舌を巻くパフォーマンスを見せた。

 背番号17が見せつけた連日の偉業に対しては、「ベーブ・ルースでさえ、オオタニがこの二晩で達成したことを成し遂げなかった」「オオタニはメジャー史上最も偉大な選手だ」など、国内外のメディアから賛辞が相次いだ。

 そんななか、米スポーツ専門メディア『The Sporting News』のケビン・スカイバー記者は「ヤンキースのアーロン・ジャッジはまだMVP受賞の有力候補で、彼はその検討に値する。しかし、ショウヘイ・オオタニも背後でペースを上げている」と大谷のMVP獲得を示唆した。

 では、大谷のアメリカン・リーグMVPの可能性は、本当に残されているのか。
  まずは、満票でMVPを獲得した昨季の成績を見てみよう。打者として155試合に出場し、打率.257、出塁率.372、長打率.592、46本塁打、100打点、103得点、26盗塁、OPS.965。投げても130回1/3で自己最多の9勝(2敗)、防御率3.18、156奪三振という見事なスタッツをマークし、二刀流で球界を席巻した。

 一方で現時点の今季成績は打率.260、OPS.822と昨季には及ばないものの、防御率は2.90と昨季を上回っており、この2日間で一気にMVPの方向に向かったのは確かだと言えるのではないだろう。

 大谷のMVP獲得は昨年ほど簡単ではないとも言える。「エンジェルスの苦闘は続いているが、オオタニは野球で最も興味をそそるアスリートであり続けている」と記した同記者が「ア・リーグMVP最有力候補」として名を挙げたアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)の23日時点での打撃成績は打率.304、22本塁打、54打点、OPS.1037と図抜けている。

 さらにヒューストン・アストロズのヨルダン・アルバレスも打率.317、27本塁打、53打点、OPS.1071、大谷の同僚でもあるマイク・トラウトは打率.284、21本塁打、43打点、OPS.1025で、MVPの圏内にいると言っていい。昨季と同様、あるいはそれ以上にライバルは多いのだ。 しかし、スカイバー記者は「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年であっても、オオタニは野球界で誰もやったことのないことをやっている。2試合だけで1.0(打者として0.4、投手として0.6)というfWAR(米メディア『FanGraphs』が算出したWAR)を記録したのは歴史上で彼だけだ」と指摘。そして、こう続けた。

「こうした数字は恣意的なものに過ぎないとも言えるが、オオタニのチームに対する貢献度の高さを物語っているのは間違いない」
  もっとも、大谷が何よりも気にかけているのは、現在のエンジェルスの状態ではないだろうか。34勝38敗で、アストロズと10.5ゲーム差でア・リーグ西地区3位に沈むチームは、怪我のために今季絶望の見込みとなったアンソニー・レンドーン抜きで残りのシーズンを戦い抜かなければならない。

 無論、そうしたチーム状況下で大谷には壮大なプレシャーが重くのしかかる。しかし、この2日間で彼が見せつけたパフォーマンスを考えると、なんでも可能にしてしまうのではないかという気がしてならない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】元MLB左腕は大谷翔平のMVPを確信! 連夜の“オオタニ劇場”に「ジャッジは去年のゲレーロと同じ」と断言

【関連記事】「オオタニは超人だ」“神様”ルースも成しえなかった大記録も作った大谷翔平に米識者から賛辞続々!「地球上で最高」

【関連記事】「これ以上にない驚きだ!」大谷翔平が自己最多13K!前日2HR8打点の“二刀流”ぶりに現地メディアは驚愕「非常識だ」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル