top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【全文】オク・チュヒョン、「先輩たちの訴え文を読んで反省、申し訳ない…キャスティング関与しなかった」

ワウコリア


韓国歌手兼ミュージカル女優オク・チュヒョンとミュージカル俳優チョン・ホヨン関連の騒動が韓国ミュージカル界全般に波紋が広がった中で、オク・チュヒョンが24日、SNSを通じて立場を電撃発表した。

オク・チュヒョンは「最近、作品キャスティング問題に関する議論に包まれ、私がミュージカル業界の同僚俳優を告訴する不祥事が発生した」として「このようなことが発生することになったことに責任を感じている。心よりお詫びする」と頭を下げた。

以下、オク・チュヒョンのInstagram全文。

こんにちは。オク・チュヒョンです。

最近、作品キャスティング問題に関する議論に包まれ、私がミュージカル業界の同僚俳優を告訴する不祥事が発生しました。このようなことが発生することになったことに責任を感じています。心よりお詫び申し上げます。

広告の後にも続きます

ミュージカル俳優の先輩たちの訴え文を読んでみました。私もミュージカルを愛していて大切に思っていて、17年間ミュージカルに身を置いた一人として私を取り巻く疑惑とそれを解明しようとする過程で慎重でなかったことに気づき、反省しました。

ミュージカル業界の従事者の方々とミュージカルを愛する観客の方々をはじめ、このことで不快感を感じたすべての方々に申し訳ない気持ちです。お詫び申し上げます。そして、訴訟と関連して発生した騒ぎは私が正すようにします。

また、今後は「俳優は演技という本来の業務に集中しなければならない」という先輩たちの言葉を振り返り、いつものように演技と歌を通じてミュージカルを愛してくださるすべての方々に私の真心を伝えます。

最後に、私はミュージカル「エリザベート」の10周年公演のキャスティングにいかなる関与もしませんでした。そして、オーディションを通じて本人の実力を認められた俳優たちが侮辱されないことを願います。キャスティングと関連したすべての疑惑について、公演制作会社が事実関係を明白にしてくださることを切に願います。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル