top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

JUNG KOOK(BTS)×米チャーリー・プースのコラボ曲、ついにベールを脱ぐ

ワウコリア


韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」のJUNG KOOKとコラボした、米シンガーソングライターのチャーリー・プース(Charlie Puth)が、コラボ曲を公表した。

24日午後1時、チャーリー・プースと「BTS」JUNG KOOKのコラボレーション曲「Left and Right(Feat. Jung Kook of BTS)」が公開された。

先立ってチャーリー・プースは、TikTokを通じて1千7百万人を超えるフォロワーに、新しい音楽を創作する映像を少しずつ公開してきた。

チャーリー・プースが直接プロデュースした同曲は、2人のアーティストが持つ特有のサウンド感を自然に溶かし出し、弾むようなファンキーな感性が耳に響く曲だ。中毒性の強い同曲は、2018年の音楽授賞式「2018 MBC PLUS × genie music AWARDS(MGA)」で「We Don’t Talk Anymore」を2人がコラボステージで披露してから、久しぶりに進行されたコラボレーションの延長線にある。

今回、新曲に加えてドリュー・キルシ(Drew Kirsch)が監督した公式MVも公開される。ちゃめっ気あふれるビジュアル映像を具現化して、チャーリー・プースとJUNG KOOKが自分たちの頭の中から抜け出そうとするヒーリングファンタジーを、ユーモアたっぷりに見せる予定だ。

広告の後にも続きます

「Left and Right(Feat. Jung Kook of BTS)」は、今年下半期に発売予定のチャーリー・プースの3rdフルアルバム「チャーリー(CHARLIE)」に収録される予定だ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル