top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

神村学園、鹿児島城西を軸に優勝争い 大島の春夏甲子園は?

高校野球ドットコム

×

 国分中央、川内のシード校をはじめ、公立の強豪校が名を連ねている。春準優勝の国分中央は選手たちの戦う姿勢に光るものを感じる。「人生かけてやる!」「死ぬ気でやる!」…熱い本気の言葉が選手たちから発せられる。どんな展開でも全力プレーを怠らない。左腕エース安藤奈々利投手(3年)は多彩な変化球を持ち、見た目以上に打ちにくい。夏は何かを起こす雰囲気を伝統的に持っているチームだ。

 第5シード川内は昨秋、今春、NHK旗とすべての県大会で8強入りと安定した戦いぶりが光る。春以降エース番号を背負う髙原明日翔投手(3年)が投打の中心。初戦のれいめい戦は1回戦屈指の好カードだ。NHK旗でも初戦で対戦しており川内が1点差で競り勝った。本川瑛光投手(3年)、室屋賢伸捕手(3年)のバッテリーを擁するれいめいも実力はシードクラスだ。好左腕を擁する鹿児島工―鹿屋農戦も好勝負の予感を漂わせている。

【樟南―大島】




 第1シードの大島だがセンバツ以降、春の九州大会、NHK旗と大きな大会での勝利がないまま夏を迎える。春の甲子園に出た「満腹感」をいかに払しょくし、どん欲に夏を目指すメンタリティーで戦えるかが春夏連続、初めての夏の甲子園をつかむカギになる。エース大野 稼頭央投手(3年)は全国的にも注目を集める好左腕。昨秋の鹿児島大会、九州大会で見せた一戦必勝の精神と、粘り強さを取り戻したい。

 樟南は町北 周真外野手(3年)、西窪 大翔外野手(3年)ら昨夏の甲子園を経験したメンバーを中心に連覇を目指す。打線は力強く、得点力も高い。右腕エース永吉浩志投手(3年)ら投手陣の成長がカギを握りそう。枕崎との初戦が大きなヤマ場であり、好勝負が期待できそう。鹿児島情報、出水中央はどちらもNHK旗4強入りしており、急成長を続けている。鹿児島商―鹿児島南は1回戦の好カードであり、大隅の雄・尚志館も高い実力を秘めており、上位進出を狙っている。

(文=政 純一郎)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル