top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

桑田佳祐、ドリフターズの「6人目のメンバー」になる可能性があった

アサ芸Biz

×

 佐野元春、世良公則、Char、野口五郎という同じ66歳のアーティストをゲストに迎えた新曲「時代遅れのRock’n’Roll Band」を5月22日にリリース、オリコン週間デジタルシングルランキングやビルボードジャパンを席巻している桑田佳祐

 現在も精力的に活動しているが、今から44年前の1978年6月25日はサザンオールスターズのデビューシングル「勝手にシンドバッド」が発売された日。実はこの曲名、当時放送されていた人気番組「8時だョ!全員集合」で志村けんが披露したコントネタからヒントを得ていることをご存じだろうか。桑田本人もそれを認めている。
 
「デビュー当初のサザンは『全員集合』などバラエティ番組にも積極的に出演し、なかでも彼らのことを特に可愛がっていたのがいかりや(長介)さん。あのころ加藤茶さんや高木ブーさんのグループ脱退が囁かれていた時期で、代わりに桑田さんをスカウトしたと言われています」(スポーツ紙芸能デスク)

 今でこそバラエティ慣れしているアーティストは多いが、70年代ではかなりレアな存在。新人時代のサザンはコミックバンドと呼ばれていたが、業界関係者からはその音楽性が高く評価されており、ドリフターズに必要な人材として目を付けられても不思議な話ではない。

 事実、高木ブーは18年7月配信の「文春オンライン」のインタビューで、「サザンの桑田が入ってたかもしれないし」とコメント。噂は事実だったというのだ。
 
 なお、桑田本人は20年4月11日放送のラジオ「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FM)でこの話に言及。いかりや長介がサザンを気に入ってくれていたことを認めたうえで、「俺、ドリフに誘われちゃった」と調子に乗って話を盛ったと語っている。

広告の後にも続きます

「ただ、彼がその気ならドリフ加入は十分あったでしょうし、そうなればお笑いの歴史が変わっていたかもしれません。また、両者が交わることがなかったとしてもいかりやさんが存命であれば、音楽でドリフとコラボした可能性も大いにあったはずです」(同)

 現に桑田は13年に行われたソロライブ「昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」で「ズンドコ節」などドリフの代表曲をメドレーでカバー。バンドとしてのドリフターズも人一倍リスペクトしていたようだ。

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル