top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

果実味と丸み、ふくらみのある味わい。ムニエの王国、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区にあるシャンパーニュ「Laurent Lequart(ロラン・ルカール)」

ワイン王国

パリのレストラン「Biondi(ビオンディ)」で、シャンパーニュ「Laurent Lequart(ロラン・ルカール)」の試飲・昼食会が開かれた。

シャンパーニュ「ロラン・ルカール」のロラン&ナタリ・ルカール夫妻

ロラン・ルカールは1965年にヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のパッシー・グリニー村に居を定めたクロード・ロラン氏が始めたドメーヌで、1967年に初めてボトル詰めし、1971年から製品の販売を始めた。

[ 関連記事を読む – シャンパーニュ ]

現在息子のロラン・ルカール氏がブランドを確立し、新しい展開を行っている。ロラン・ルカールの特徴は、地元の協同組合の醸造設備を利用していることで、2005年からロラン・ルカール氏が約60名の会員(130ヘクタール)を擁する協同組合の会長を務めている。

広告の後にも続きます

収穫したブドウを協同組合の施設に持ち込み、独自の方法で醸造、瓶詰した後、ボトルをドメーヌに引き取り、熟成した後シャンパーニュ・ロラン・ルカールのブランドで販売する。こうすることで、ドメーヌのアイデンティティが保たれているという。

ロラン・ルカール氏は、2005年からパッシー・グリニー・シャンパーニュ生産協同組合の会長を務めている

1992年にロラン・ルカール氏と結婚してドメーヌに加わったナタリーさんはノルマンディの出身で、大学で経済、社会学を学んだ。ロラン・ルカール氏と共にシャンパーニュの生産、販売に情熱をもって取り組み、二人三脚でドメーヌを発展させてきた。また、最近、二人の息子がドメーヌに加わり、新たな活力を得ている。

耕作面ではキュルチュール・レゾネの耕作に積極的に取り組み、2019年に環境保護に重点を置いたフランスの公的認証「HVE」と、シャンパーニュワイン委員会が推進している永続可能なブドウ栽培の認証「VDC」を取得した。現在、計11.4ヘクタールを耕し、6万5000本を販売し、35パーセントを輸出している。

よく知られているように、シャンパーニュの主要品種は生産地域ごとに大きく異なり、モンターニュ・ド・ランス地区はピノ・ノワール40パーセント、ムニエ33パーセント、シャルドネ27パーセントとかなりバランスが取れているが、コート・デ・ブラン地区はシャルドネが85パーセント、コート・デ・バール地区はピノ・ノワールが84パーセントを占め対照的だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル