top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

乃木坂46 久保史緒里、Paraviオリジナルストーリー「塩介と甘実-蕎麦ができるまで探偵-」出演決定!

Pop’n’Roll

乃木坂46 久保史緒里、Paraviオリジナルストーリー「塩介と甘実-蕎麦ができるまで探偵-」出演決定!

乃木坂46の久保史緒里が、7月8日(金)よりParaviで独占配信される金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』のParaviオリジナルストーリー「塩介と甘実-蕎麦ができるまで探偵-」に出演する。

ドラマの舞台は「潮法律事務所」の近くにある「そば処 塩崎」。そこで経営者の父親と一緒に働いている塩崎啓介、通称“塩介”が同作の主人公。「潮法律事務所」の所長・潮綿郎(さだまさし)と仲が良く、しょっちゅう事務所にやってきては、綿郎とおしゃべりをして楽しんでいる塩介。本編でさまざまなトラブルを解決する石田硝子(有村架純)と羽根岡佳男(中村倫也)に憧れていて、自身の蕎麦店にも「トラブル解決承ります、蕎麦ができるまでに!」という裏メニューを用意。注文された蕎麦が出来上がるまでの時間で、店を訪れる客の悩みやトラブルを推理で解決しようと奮闘する。

金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』にも登場する、塩崎啓介と(おいでやす小田)と、オリジナルストーリーでしか見られない甘露果也実(久保史緒里)のここでしか見られない掛け合いを楽しむことができる。

久保が同作で演じる甘実は、まじめで頭が良く清楚な見た目だが、実は口が悪く毒舌な東大・法学部に通う女子大学生。ある日、おいでやす小田演じる塩介が働く「そば処 塩崎」を訪れた甘実は、塩介とともに客のトラブルを解決すべく推理に参加することになる。

やや的外れな推理でなかなか客のトラブル解決の役に立てない塩介と、そんな塩介とは対照的に聡明な推理を展開していく甘実。凸凹なコンビネーションで見せる2人の軽妙な会話劇が見どころとなっている。

久保史緒里(乃木坂46)コメント

甘実は、名前とは裏腹に、酸味のような棘のある一面も持っています。そんな中で垣間見える人情深さやチャーミングさとのギャップが彼女の魅力だと感じているので、どちらの要素も逃さずに表現できたらと思います。

おいでやす小田さん演じる塩介は蕎麦の美味しさだけでなく、その人柄で甘実を常連客にさせてくれるようなどこか放って置けない存在です。

物語が進んでいく中で、塩介との絶妙な関係性が今後どう変化していくのか、酸味と甘味のバランス配分を私自身も楽しみながら最後まで撮影に挑めたらと思います。よろしくお願いいたします。

Paraviオリジナルストーリー「塩介と甘実-蕎麦ができるまで探偵-」

第1話 あらすじ
父親が営む「そば処 塩崎」で働く塩崎啓介、通称“塩介”(おいでやす小田)は、女性に弱いお調子者。司法試験に落ち続ける崖っぷちパラリーガル・石田硝子(有村架純)と高卒の弁護士・羽根岡佳男(中村倫也)がトラブルを解決していく姿に憧れ、「トラブル解決承ります、蕎麦ができるまでに!」と裏メニューを用意している。この日、そんな塩介に相談を持ち掛けた客は、舞台俳優を名乗る年下の恋人にだまされているのではないかと疑う沙織。塩介がさっそく推理を始めると、謎の女性客(久保史緒里)が現れ…。

配信日時:7月8日(金)『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』放送終了後に独占配信開始

出演
塩崎啓介(塩介):おいでやす小田
甘露果也実(甘実):久保史緒里(乃木坂46)

スタッフ
制作:TBSスパークル / TBS
脚本:高矢航志 / 富安美尋
音楽:得田真裕
プロデュース:新井順子 / 阿部愛沙美
演出:府川亮介

TOPICS

ジャンル