top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

島崎和歌子“結婚報道”にだまされた人が続出!花嫁衣装の写真付きで「まじか!」

週刊実話WEB

島崎和歌子 (C)週刊実話Web

ともに高知県出身のタレント・島崎和歌子と、演歌歌手・三山ひろしが、6月19日に大阪市内で「令和4年度 高知家プロモーション」の記者会見に出席した。

「高知家」とは、人の温かさと豊かな自然を誇る高知県と〝家族のようなお付き合い〟をしてほしいというコンセプトで展開されている同県のプロモーション活動。今年で10周年を迎えたキャンペーンで、2013年に同じく高知出身の女優・広末涼子を「高知家の娘」に起用し、17年に島崎が「高知家の姉さん」、20年に三山が「高知家のアニキ」に任命されている。

【関連】平子理沙スケスケベビードール姿披露!ネット民からはツッコミ殺到「垂れて見える」 ほか

今年のテーマは「高知に〝ぞっ婚〟」で、島崎は鮮やかな色打掛の花嫁衣裳にカツオの髪飾り姿、三山は紋付袴姿で登壇。島崎が「姉さん、このたび結婚しました。花嫁衣装でございます。40代最後に着れて、とっても嬉しいです」と挨拶すると、関係者や報道陣から笑いが起こり、「笑うの、おかしくない?」と、さらなる爆笑を誘った。

さらに、三山が「以前からプロモーションをお務めの先輩(島崎)の後姿を見ながら、今は一緒のポスターに入っているというのは光栄です」と謙遜したところ、島崎がすかさず「ホント~? 涼子ちゃんの方が良かったでしょう?」とツッコんで会場を爆笑の渦に巻き込んだのだ。

「ついでに結婚しちゃえば良いのに」

島崎の花嫁衣装の写真付きで、このニュースが報じられると、結婚を真に受ける人が続出。ネットも大いに盛り上がった。

広告の後にも続きます

《いや、まじか! え? してないの、何だよ なんか安心した》

《焦った。。ネェさん結婚したのかと思った》

《結婚したんだ!と先入観を持って記事を読んで、ん? もう一度読み返してネタと分かった》

《本当かと思いましたよ、宣伝なら、そう書いてよ! 詐欺だ…、この人、本当に結婚する気あるのかな? 口だけじゃない?》

《ついでに結婚しちゃえば良いのに。いとこかと思ったw》

《これ、かなり勘違いさせる記事ですよね。よく読まない家族に「結婚したんだって」と言われました。この設定は、ちょっと島崎さんにお気の毒な気がしました。結婚、結婚って、、、。結婚したことによって、必ずしも幸せになるわけでもないのに、失礼ですよ》

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル